中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。


☆かつて来た道

誰も忘れることのできない2008年9月15日リーマンショックから9年以上が経過しました。2008年から2009年の春にかけて、毎日のように日経平均が4%、5%と下落し、血の気の引いたキャスターさんの顔が印象的でした。


☆今いる場所
現在の景気拡大は100か月に差し掛かり、歴史的にも長い部類に入ります。全ての物にサイクルが存在するとすれば、今後さらに景気が良くなるのか、はたまた踊り場やリセッションに陥るのかと考えた時、当たり外れは別として後者への準備を行うのは妥当だと思います。現在は局所的にバブルが観察されますが、大規模に発生しているという様子はなく、株式市場もバブル前のフロスの状態なのかもしれません。カナダの住宅市場ではバブリーな様子が伺えますが、市場が大きくないため、世界金融へのインパクトは限定的かと思います。


☆資金の流れ
金融危機後の戻り相場では資金はローリスク資産からハイリスク資産へと移動します。逆に相場から資金が引く時はハイリスク資産からローリスク資産への順で資金が引いていきます。2009年以降の金余り相場と長く続いたゴルディロックス相場により、国債から社債へ、株式へ、新興国株へ、グロース株へ、ハイイールドへ、仮想通貨へ、、、といった順に資金が入ってきています。資金が抜ける時はこの逆になりそうです。


☆バブルの真理
全てのバブルには一抹の真理が隠れています。そして、それを拠り所に価格は急激な上昇を見せます。例えば「ITは世界を変える」という一抹の真理がバブルの基になりました。2017年以降は「仮想通貨が世界の支払いを変え、ブロックチェーンが世界をよくする」という一抹の真理により、同市場には資金が大量に流れ込みました。行き場を失った資金が、時価総額の小さい同市場に流入。結果として価格が急騰しています。イメージとしてはGPIFがマザーズ市場に到来したといった感じでしょうか。


☆仮想通貨
仮想通貨がバブルのどの位置にあるのかは分かりませんが、サイクルの後半であることは確かだと思っています。BTC初のハードフォーク(HF)の前には警戒感から大きな売りが出ましたが、その後はHF依存症が見られ、ネガティブイベントであるはずのHFが好材料として受け入れられるようになりました。悪い材料が無視されて、いい材料だけにスポットライトが当たるというのも、サイクル後半に見られる現象です。また、バブル末期には関連商品で「詐欺」が横行するのも特徴のようです。中身のないICOや、一時期話題になった日利数%のポンジスキームの横行もサイクルの位置を教えてくれている気がします。ブロックチェーン技術が世界を変えることは事実ですが、同技術と仮想通貨の値上がりは分けて考えるべきもので、混同しすぎるのは問題かなぁと自戒の念も込めて書いておきます。


☆今後の対応
仮想通貨市場に参入したのは2016年の4-5月で1BTCが3万円の頃でした。チャートばかり見ていました。ただ、「一抹の真理」が存在することからバブルの素地が整っており、「ひょっとすると」と思い参加したのが始まりで、結果的には「まぐれ」となりました。盛り上がった市場からの撤退はなかなか難しく、頭を悩ませています。ただ、仮想通貨全般の上昇により、資産全体に対して「大きすぎるウェイト」を占めるようになった場合は、断続的に利益を確定させ、「ほどほどの比率」を維持させるつもりです。

また、出金したお金の大半は銀行に眠らせていますが、徐々に金ETFを購入していきます。詳細は詰めていきますが、最終的には資産全体の25%まで比率を増やす予定です。金以外にも代替投資先はありますが、投資家のDNAの奥深くにはリスク=金買いという公式が埋め込まれており、またデリバティブなどのインフラも整っているため、資金流入は容易で、将来の資金流入を見越した先回りの対応です。


☆トリガー待ちの市場
リセッションに陥るには必要条件に加えて、トリガーとなるカタリスト(材料)が必要です。債券市場では長短金利差が縮小し、所謂ベアフラットニングが見られます。だからリセッションが近いという訳ではありませんし、フラットニングには幾つかの需給要因も絡むため、単純な公式は成り立たちません。ですが、注意は必要だと思います。また、S&Pの益回りと10年債利回りのスプレッドも徐々に縮小傾向にあります。リスク性資産への資金流入も相場サイクル末期を匂わせます。

景気後退のパターンの多くが金融引き締めによる「オーバーキル」か「長期金利の急騰」によりもたらされます。今後はFRBのBS縮小に加えて、断続的な利上げも行われるためオーバーキルというトリガーが発動するかもしれません。また、「長期金利の急騰」にも注意が必要で、「10年債利回り>PCE+3%」が相場が崩れる一つの目安だと言われています。

景気が東京五輪の2020年まで持ってくれれば嬉しいですが、全ては米国次第ですので、個人的には2018年内には景気が山をつけるのでは?と思っています。


☆観察する
見るべきものが多すぎて、何を観察すればいいのか分かにくですが幾つかの市場を観察することで、リセッションの芽を見つけられるかもしれません。

債券市場・・・長短金利差や10年債利回りの絶対水準など

米株式市場・・・株価は景気の山に半年ー1年ほど先行するため、米株のチャートを見ておくといいかもしれません

仮想通貨市場・・・独自の要因で動いていますが、リスク性資金の終着点であり、同市場が崩れるのは市場のリスク許容度が下がっている証拠かもしれません

金価格・・・マクロを熟知し、勘のいい機関投資家はリスクに備えて金へ資金を移動するため、金価格の上昇も資金移動という点から間接的に危険を教えてくれそうです


「予測は不可能、準備は可能」
「予測は不可能、準備は可能」とは、「投資で一番大切な20の教え」の著者「ホワード・マークス」の言葉です。「Big Short」のような華麗な一発は難しくても、色々な場所に目を配ることで守りの姿勢を固められるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

☆アッという間に11月

久々の更新です。

年末にかけて仕事のボリュームが増えたり、新規で色々と始めたりとバタバタしています。気付けば、あっという間に11月中旬。毎年この時期になると、「1年が過ぎるのは、早いなぁ~。年取りたくないなぁ~」なんて思います。。。



☆投資

投資の方は基本的にホールドで、シナリオが狂った銘柄だけ入れ替えたり、3年後の目標株価とのGAPや確度をベースにウェイトを調整しています。


☆目標株価

目標株価はトップラインのCAGRと営業利益率(+税率など)からEPSを算出して、PERについては 1、成長率 2、成長期間 3、確度 からPEGを算出→EPS成長率にPEGを乗してPERを算出 といった具合で導出しています。レンジを広めに取るためにマトリックスを作って、ビジュアル化しています。

これは、とある銘柄のターゲット価格のマトリックスです。売上CAGR、営利率、PERの3要素で表を作成しています。

2017y11m12d_110306664

こんなの当たらないでしょ、DCFでFCFとdiscount rate求めて、1段階成長、2段階で成長率出して(ry と言われそうですが、DCFは変数が多すぎるので、単純にEPS、PERから算定することにしています。

この表の銘柄については営業利益ベースでCAGR35%の成長を見ていました。出てきた直近の通期着地がガイダンス上振れの+37%成長、新規ガイダンスは+32%成長とほぼインラインの数値となりました。

という訳である程度見通しは効くのかなぁと思っています。



☆今取り組んでいること

去年の今頃も同じことを書いた気がしてますが、相変わらず色々な企業を見ています。有報通読から入り、短信、開示、HP、動画などを見ています。最近では1日3社ペースで進めていたので、少しバテています。

特に12月にはIPOが集中するので、読み込む資料が多くなります。加えて決算期ですしね。

買える買えないは別として、色々な企業を見ていくことでスキルは確実に蓄積されていくと思っています。修行中の身ですので毎日コツコツと1銘柄でも多く調べていこうと思います。


☆それにしても市況が、、、

最近は連日で日経が高値を更新したりと、「強いなぁ」と感じています。一方でマザーズはあまり上がっていなかったり、ふーんと思いながら見ています。

2018年には米国発でリセッション入りかな?なんて思っていますので、すこし警戒しながら臨んでいます。

とはいっても全体の市況を見通すより、個別株が高いか安かを意識して、それに応じて売買をしていれば自然と現金比率も高まるので、見通しにくいものは漠然と捉える程度にしています。

そんなこんなで、寒くなりますがご自愛くださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

前回は、週足チャートを基準にエントリーのタイミングを図るというスタイルについて書きました。今回は週足チャートを利用した撤退戦術について具体的に書いていきます。


☆全体像
扱っている銘柄には高いPERの銘柄も存在します。例えば30倍といったPERの銘柄です。そうしたバリュエーションの銘柄を、安くなったから買い増すというのは非常に危険です。グロースからバリューへの移行時にはEPSとPERの両方で下方の修正が起こるからです。また、金融危機時など全体的な水準訂正が起こる場合にも、高いPERの銘柄から撤退することが賢明です。

週足チャートは業績とほぼ連動しています。日足ではノイズが多く、月足ではタイミングが遅くなるため、週足を利用しています。そして、週足を使うことで2つのリスクを察知して避けることができます。

1、業績の異常
中小型株は大型株と比較して、業績が漏れやすい傾向にありそうです。また、流動性が低いため、インサイダーの売りが株価へダイレクトに反映されます。週足チャートで異常を感じた場合は、大体においてその後に業績の異常が待っていることが多いように思います。

2、市場全体の下落
市場全体が下落するときも、個別の週足チャートを見て、撤退するか否かを決めます。

このように、週足を見ることで個別リスクと市場リスクの両方から資産を守ることができるのです。


☆週足を用いた撤退
エントリー時には、週足チャートからある程度の撤退ポイントを明確にします。「この水準まで株価が下がれば、自分が見逃している何かが存在する」といった考えがベースにあります。

撤退は徐々に行うこともポイントです。そうすることで、ノイズに引っかかってポジションを減らすことも防げます。徐々に動くことが相場変動に処する最善の方法だとおもっています。


☆撤退ポイントの上方修正
エントリー後に撤退ポイントまで株価が下がることなく、上昇したとします。その場合、四半期に1度週足チャートを基に、”撤退ポイントの上方修正”を行います。四半期に1度決算が発表されるため、それとタイミングを合わせます。四半期業績を反映させるために、撤退ポイントを移動させます。撤退ポイントは上方に移動させることはあっても、下方に移動させることはありません。どんどん損失が大きくなり、塩漬け銘柄となってしまうからです。

四半期に1度の撤退ポイントの上方修正では、「ここまで下がればトレンドが崩れるだろう」というポイントへ修正ポイントを移動します。異常が無ければ上昇トレンドに乗ることができますし、何かあれば下降トレンドへと突入するため、撤退することになります。

1四半期の数字が悪いだけでは、週足チャートが下降トレンドへ突入することはあまりありません。通期への懸念が生じた時に週足チャートは下降トレンド入りします。ですから、たまたま1四半期の業績が悪かった場合などは週足チャートにおける買い増しタイミングになります。


☆まとめ
色々と述べましたが、週足を用いることで「市場リスク」と「個別リスク」の両方から身を守ることができます。そして1四半期に1回の頻度で撤退ポイントの上方修正を行うことで、利益をトレール注文の形で守ることができます。週足トレンドの下落は通期レベルでの業績悪化シグナルであるため、高いPERの株式を保有している場合は、急いで逃げるのが賢明だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ