中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

☆FOMCの読み方

今回のFOMCを受けて市場はさらに上げ足を速めています。

12月利上げ確率が70%にまで上昇したことが主な要因です。


2017y09m21d_074527832


これを受けて為替市場ではドル高円安が進行、現在(21日08時)112円台で推移しています。

また、同時にドットチャートも発表されました。超長期の見通しがやや下方修正されています。


2017y09m21d_074359445


金利については

合成金利=FF金利見通し+BS縮小インパクト と表現できます。

上の式から、合成金利に変化がないとすると、ドットチャートの下方修正はBS縮小を織り込んだものと言えるでしょう。BS縮小には40bps程度のインパクトがあるため、ほぼ、その分、チャートのドットが下方に移動したと読み取れます。逆に言えば、ドットチャートの下方修正分こそが、BS縮小を金利換算したインパクトを、”FOMCメンバーがどうとらえているか”を示していると分かります。

そう考えた場合、長期金利見通し全体として見た時、FF金利とBS縮小分の合成金利は変わらないため、長期金利にも大きな変化はないはずです。実際、10年債利回りは発表前の2.24%→2.27%(発表直後)へと僅かな上昇に留まっています。



☆今後

今回のドットチャートで、現在の利上げ局面における金利の上限が分かりました。今後についてはBS縮小のインパクトが実体経済に与える影響を見ていく必要がありそうです。こうしたイベントは過去に例がなかったため、実際の影響は不透明です。BS縮小の金利へのインパクトを読み間違っていた場合は、上にも下にも大きく振れる可能性が高そうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

トレーダー度適性テストというものがあります。108の質問にYes/Noで回答すると、レベルを評価してくれるというものです。


2017y09m19d_201929530


とても面白いので、1年に1度トライしています。久しぶりにテストを受けた結果、以下となりました。いつも4止まりで5になりません^^;



2017y09m19d_202703744





こちらからテストページに飛べます↓
https://www.investechno.com/html/apti_test/aptitude_qa.php

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

投資の神様というとき真っ先に思い浮かべるのがバフェットでしょう。バフェット賞賛の書籍は巷にあふれており、あたかも彼の真似をするだけで億万長者になれるようなかかれ方をされています。

 

本書はそうした全体的な賞賛への強烈なアンチテーゼとして、確固たる存在感を示しています。「バフェットの猿真似では儲からない」というヘッドにすべてが現れています。各章では、いわゆるバフェットの手法を述べ、個人投資家が真似すべきでない点とその理由を記しています。

 

結局のところ、バフェットは米国の黄金時代に生き、我々は日本の衰退期に生きており、環境が全く異なるのです。ですから、彼の物真似をするのではなく、独自にローカライズさせたスタイルに練り直すべきだと言えます。

 

筆者はバフェットのスタイルを全否定するのではなく、盗めるところは盗みつつ、真似すべきでない点を炙り出すというスタンスをとっています。

 

一通り相場の基礎を学び終わった方、そして既に相場で活躍されている方、すべての投資家さんに贈りたい一冊です。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ