中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

ファンダメンタルとチャートを観察していると、軒並み週足チャートが業績に連動しており、また時として先行していることに改めて気付きました。

扱っている銘柄が中小型株だというのもあるかもしれません。中小企業は大企業に比べてガバナンスも甘く、中身が漏れているというのが理由かと最近思っています。もちろん株価は業績に連動し、指数は景気に先行することは昔から言われていることですが。。。また、資金効率を考えた時、やはり動かない銘柄を1年も持っておくというのは勿体ない気がしています。

これまでは「いい企業を十分に安い価格で買う」としていました。

一方で最近は

何を:ファンダが好きで、綺麗な週足チャート(上昇トレンドか少なくとも横ばいor下落トレンドの下げ止まりが確認できる)



いつ・いくらで:そこそこに安い価格で、十分に押したとき(週足の中の深めの押し目)に買う

というスタイルに移行しつつあります。

ファンダが良好であるというのは、株価上昇のエネルギーにつながります。また、ファンダが好きであるという条件は、握力につながるため、大変重要です。次に、週足チャートが綺麗であれば下げ相場でも多少の抵抗力が存在することになります。週足が下落していると軒並みファンダメンタルも悪化してくることが多いように思います。

こうしたスタイル変化の背景にあるのは1つの事件でした。四季報決算漏れです。



2017y08m25d_094326598



上はとある銘柄の週足チャートです。チャートの1つ目の矢印で3Qの発表がありました。それ以降横ばいが続き、2つ目の矢印では四季報予想の大幅下方修正が続きました。この時点で週足チャートでは株価が26週線を大幅に割り込み、株価は下降トレンド入りしました。

2つ目の矢印地点で例え少しでも売却していれば、その後の下落の影響を多少なりとも緩和することができたはずです。結局、通期下方どころかガイダンスは真っ赤で、ウェイトを減らしていたとはいえ、想定外のガイダンスに真っ青になりました。

ついこの間までプレビューレポートなんてものが出ていたのですから、アナリストなど一部の人に先行して情報がいきわたっているのも説明がつきます。そう考えた時、株価は業績に先行するというのも納得できたのです。

これまでのスタイルに週足チャートの重視を加えただけで、一見そこまで大きな変化ではありません。ですが、資金効率を考える上では
多少なりとも効果があるように思います。


次回は週足チャートとファンダメンタルを連動させた撤退手法について書こうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

かつてはよくB2C銘柄を買っていましたが、気付けばB2B銘柄に偏ったポートとなっていました。理由を考えましたが、ビジネスの特長と安定性にヒントがある気がしました。

☆B2C
B2Cは短期で爆発的なリターンをもたらすことが多いようです。消費者である個人の間でブームに火が付けば、業績は企業の想定を超えたものとなります。また、B2Bに比べて分かりやすい事業を営んでいるため、投資家としても買いやすいのだと思います。結果としてEPSとPERの両方が火薬となり、株価の爆発が散見されます。

☆B2B
B2Bは顧客先企業の予算内から支出が割り振られるため、支出の上限が決まっており、大口の新規顧客を開拓しない限り、想定を超える売上をもたらすことは余り見られないように思います。また、B2Cと比べてビジネスモデルを把握しにくく、消費者としての実感を持ちにくいため、買いにくいようです。結果として”安定はしているけれど爆発しにくい”のがB2B銘柄の特長のように思います。


EPS、PERの両面からB2C、B2Bについて考えました。B2Bに偏ったポートですが、B2C枠も設けつつ、新しいスタイルも取り入れていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

B2Bビジネスはとっつきにくいというイメージを持たれるかもしれません。ですが以下の2点をしっかり把握することで、分かりやすくなります。B2BはB2Cに比べてブームや流行が無い分、大化けはないかもしれませんが、安定した収益を獲得できます。

その1、顧客の売上増大かコスト削減か、どちらに貢献するのか?両方か?

企業が提供するサービスは顧客企業にとって売上を増加させるものなのでしょうか?それともコストを削減するものなのでしょうか?

企業が利益を出すためには売上を上げるのが最短であり王道です。コスト削減には限界があるからです。よって、顧客企業の売上増加を手助けする製品を提供している企業は、コスト削減型のビジネスを提供している企業よりも安定感があります。



その2、顧客アクテビティのどの要素に関わるものなのか?

提供する製品やサービスは、顧客企業の業務活動のどの部分に関わるものなのでしょう?顧客企業の活動の中で大切な部分に関わるコストは最後に削られます。

例えば保険会社の営業活動は一番大切な部分になります。営業がままならなければ、いくら優れた製品を販売しても保険会社は売上を立てることができないからです。ですから営業の効率化や営業促進に関するサービスを提供している企業は、売上にダイレクトに貢献するため、B2Bの中で強いポジションを確立できます。

サービスや製品を提供する先の、提供先企業の活動のうち、どの部分が最も重要なのかを考えるようにします。


このように考えるとB2Bは意外にシンプルで面白いものだと分かります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ