中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

前回は、週足チャートを基準にエントリーのタイミングを図るというスタイルについて書きました。今回は週足チャートを利用した撤退戦術について具体的に書いていきます。


☆全体像
扱っている銘柄には高いPERの銘柄も存在します。例えば30倍といったPERの銘柄です。そうしたバリュエーションの銘柄を、安くなったから買い増すというのは非常に危険です。グロースからバリューへの移行時にはEPSとPERの両方で下方の修正が起こるからです。また、金融危機時など全体的な水準訂正が起こる場合にも、高いPERの銘柄から撤退することが賢明です。

週足チャートは業績とほぼ連動しています。日足ではノイズが多く、月足ではタイミングが遅くなるため、週足を利用しています。そして、週足を使うことで2つのリスクを察知して避けることができます。

1、業績の異常
中小型株は大型株と比較して、業績が漏れやすい傾向にありそうです。また、流動性が低いため、インサイダーの売りが株価へダイレクトに反映されます。週足チャートで異常を感じた場合は、大体においてその後に業績の異常が待っていることが多いように思います。

2、市場全体の下落
市場全体が下落するときも、個別の週足チャートを見て、撤退するか否かを決めます。

このように、週足を見ることで個別リスクと市場リスクの両方から資産を守ることができるのです。


☆週足を用いた撤退
エントリー時には、週足チャートからある程度の撤退ポイントを明確にします。「この水準まで株価が下がれば、自分が見逃している何かが存在する」といった考えがベースにあります。

撤退は徐々に行うこともポイントです。そうすることで、ノイズに引っかかってポジションを減らすことも防げます。徐々に動くことが相場変動に処する最善の方法だとおもっています。


☆撤退ポイントの上方修正
エントリー後に撤退ポイントまで株価が下がることなく、上昇したとします。その場合、四半期に1度週足チャートを基に、”撤退ポイントの上方修正”を行います。四半期に1度決算が発表されるため、それとタイミングを合わせます。四半期業績を反映させるために、撤退ポイントを移動させます。撤退ポイントは上方に移動させることはあっても、下方に移動させることはありません。どんどん損失が大きくなり、塩漬け銘柄となってしまうからです。

四半期に1度の撤退ポイントの上方修正では、「ここまで下がればトレンドが崩れるだろう」というポイントへ修正ポイントを移動します。異常が無ければ上昇トレンドに乗ることができますし、何かあれば下降トレンドへと突入するため、撤退することになります。

1四半期の数字が悪いだけでは、週足チャートが下降トレンドへ突入することはあまりありません。通期への懸念が生じた時に週足チャートは下降トレンド入りします。ですから、たまたま1四半期の業績が悪かった場合などは週足チャートにおける買い増しタイミングになります。


☆まとめ
色々と述べましたが、週足を用いることで「市場リスク」と「個別リスク」の両方から身を守ることができます。そして1四半期に1回の頻度で撤退ポイントの上方修正を行うことで、利益をトレール注文の形で守ることができます。週足トレンドの下落は通期レベルでの業績悪化シグナルであるため、高いPERの株式を保有している場合は、急いで逃げるのが賢明だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ファンダメンタルとチャートを観察していると、軒並み週足チャートが業績に連動しており、また時として先行していることに改めて気付きました。

扱っている銘柄が中小型株だというのもあるかもしれません。中小企業は大企業に比べてガバナンスも甘く、中身が漏れているというのが理由かと最近思っています。もちろん株価は業績に連動し、指数は景気に先行することは昔から言われていることですが。。。また、資金効率を考えた時、やはり動かない銘柄を1年も持っておくというのは勿体ない気がしています。

これまでは「いい企業を十分に安い価格で買う」としていました。

一方で最近は

何を:ファンダが好きで、綺麗な週足チャート(上昇トレンドか少なくとも横ばいor下落トレンドの下げ止まりが確認できる)



いつ・いくらで:そこそこに安い価格で、十分に押したとき(週足の中の深めの押し目)に買う

というスタイルに移行しつつあります。

ファンダが良好であるというのは、株価上昇のエネルギーにつながります。また、ファンダが好きであるという条件は、握力につながるため、大変重要です。次に、週足チャートが綺麗であれば下げ相場でも多少の抵抗力が存在することになります。週足が下落していると軒並みファンダメンタルも悪化してくることが多いように思います。

こうしたスタイル変化の背景にあるのは1つの事件でした。四季報決算漏れです。



2017y08m25d_094326598



上はとある銘柄の週足チャートです。チャートの1つ目の矢印で3Qの発表がありました。それ以降横ばいが続き、2つ目の矢印では四季報予想の大幅下方修正が続きました。この時点で週足チャートでは株価が26週線を大幅に割り込み、株価は下降トレンド入りしました。

2つ目の矢印地点で例え少しでも売却していれば、その後の下落の影響を多少なりとも緩和することができたはずです。結局、通期下方どころかガイダンスは真っ赤で、ウェイトを減らしていたとはいえ、想定外のガイダンスに真っ青になりました。

ついこの間までプレビューレポートなんてものが出ていたのですから、アナリストなど一部の人に先行して情報がいきわたっているのも説明がつきます。そう考えた時、株価は業績に先行するというのも納得できたのです。

これまでのスタイルに週足チャートの重視を加えただけで、一見そこまで大きな変化ではありません。ですが、資金効率を考える上では
多少なりとも効果があるように思います。


次回は週足チャートとファンダメンタルを連動させた撤退手法について書こうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

かつてはよくB2C銘柄を買っていましたが、気付けばB2B銘柄に偏ったポートとなっていました。理由を考えましたが、ビジネスの特長と安定性にヒントがある気がしました。

☆B2C
B2Cは短期で爆発的なリターンをもたらすことが多いようです。消費者である個人の間でブームに火が付けば、業績は企業の想定を超えたものとなります。また、B2Bに比べて分かりやすい事業を営んでいるため、投資家としても買いやすいのだと思います。結果としてEPSとPERの両方が火薬となり、株価の爆発が散見されます。

☆B2B
B2Bは顧客先企業の予算内から支出が割り振られるため、支出の上限が決まっており、大口の新規顧客を開拓しない限り、想定を超える売上をもたらすことは余り見られないように思います。また、B2Cと比べてビジネスモデルを把握しにくく、消費者としての実感を持ちにくいため、買いにくいようです。結果として”安定はしているけれど爆発しにくい”のがB2B銘柄の特長のように思います。


EPS、PERの両面からB2C、B2Bについて考えました。B2Bに偏ったポートですが、B2C枠も設けつつ、新しいスタイルも取り入れていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ