中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

投資の神様というとき真っ先に思い浮かべるのがバフェットでしょう。バフェット賞賛の書籍は巷にあふれており、あたかも彼の真似をするだけで億万長者になれるようなかかれ方をされています。

 

本書はそうした全体的な賞賛への強烈なアンチテーゼとして、確固たる存在感を示しています。「バフェットの猿真似では儲からない」というヘッドにすべてが現れています。各章では、いわゆるバフェットの手法を述べ、個人投資家が真似すべきでない点とその理由を記しています。

 

結局のところ、バフェットは米国の黄金時代に生き、我々は日本の衰退期に生きており、環境が全く異なるのです。ですから、彼の物真似をするのではなく、独自にローカライズさせたスタイルに練り直すべきだと言えます。

 

筆者はバフェットのスタイルを全否定するのではなく、盗めるところは盗みつつ、真似すべきでない点を炙り出すというスタンスをとっています。

 

一通り相場の基礎を学び終わった方、そして既に相場で活躍されている方、すべての投資家さんに贈りたい一冊です。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

これは17年7月に公開したものですが、本質的な部分に変化はないため再度掲載します。文中の指標は当時のものです。



アメリカが風邪をひくと、風邪はインフルエンザに化けて、またたく間に世界に感染してしまいます。従って、マクロ経済を見るときはアメリカ経済を中心に見ています。15年にはチャイナショックもありましたが結局のところ下げは限定的でした。市場は程よい均衡点を見つけ、15年末には2万円台を回復するに至りました。

そう考えると、やはり米国景気の動向が今後のグローバルな金融マーケットを占う上で重要だと思います。過去を振り返ってもITバブル崩壊、リーマンショックなど指数の下落幅が50%以上を超える”暴落”と呼んでいい下げは、ほぼ全てアメリカ発でした。

中国が米国のGDPを追い抜くまではアメリカファーストで市場を観察し、”米国発以外の危機は、基本的に買い”のスタイルでいいかと思っています。(中国の経済統計は参考にならないと言われますが、仮に下駄の履かせ方が一定であるならば、統計のトレンドを観察すると趨勢がつかめるかもしれません)

さて、米国についてさらに言うと、全ての指標が警戒域を示しているように思います。

現在の景気サイクルは120か月近い拡大フェーズの最中であり、過去最高期間を更新する勢いです。

株式市場に目を移すと、SP500のPERは18.9倍、益回りは5.2%。10年債の利回りが2.3%ですから、株式と債券を比較したときのスプレッドは2.9%にまで縮小しています。金融危機直後のそれと比べると、随分と縮小している印象です。仮に益回りと10年債が逆転すれば、リスクフリーの債券の方が株式よりも高リターンをもたらすということで、超異常域に突入してしまいます。

クレジット市場ではHigh Yieldと10年債のスプレッドがリーマンショック前レベルにまで縮小しています。(例えば10%のリターンが見込める商品があるとして、金余りで運用難の資金が殺到。結果として価格が上昇することでリターンが低下。逆に、危機時には資金が金融商品から逃避するため価格が下落し、リターンが高まるという具合です。)リーマン前には住宅関連デリバティブなどに資金が集中し、HYと10年債の利回り格差は2.5%にまで縮小していました。市場がリスクを取り、価格を押し上げ、価格上昇を通じて金融商品の潜在リターンが低下したことの表れです。逆に、2008年には資金が逃避し、価格が急落。結果として利回りは跳ね上がっています。


時計の針を現在に戻すと、スプレッド(HY利回りー10年債利回り)は3.7%という低水準で推移しています。金余りにより、市場がリターンを求めてハイリスク商品を買っていることがわかります。


イメージ 2
BTC推移


また、仮想通貨に市場のリスク選好・金余りの姿勢が端的に表れており、リターンを求めた投資家の資金流入が17年上旬まで続きました。FRBの利上げとバランスシート縮小、そしてBTC特有のリスクから、現在の価格は急落しています。行き場を失った資金が仮想通貨という時価総額の小さな市場に流入し、そして通貨リスクと金融引き締めを材料に、流入した資金が一気に抜けています。

07年は住宅関連で焦げ付きが見られ、現在は自動車ローンや学生ローンの焦げ付きが見られます。この2つは市場としてはそこまで大きくないため、大きな崩壊を起こすに至っていないのが実情です。



債券市場ではイールドカーブがフラット化し、景気の先行きの弱さを示唆しています。一般的にイールドカーブのフラット化は景気後退の先行シグナルであることが多く、ITバブル崩壊前も同様の現象がみられました。



何を見ても、現在の相場が危険域にあることは確かです。ですが、カタリストが無い限りは下がらないのが市場というもので、現在はきっかけ待ちといったところでしょうか。全てが逆に行くための必要条件は整っているため、あとは十分条件(カタリスト)が何なのかということが重要になります。自動車市場や学生ローンでは危険なイベントが発生しているものの、市場全体を揺るがす程ではないようです。

そうしたことを背景としてか、ダウはどんどん高値を取っています。「17年内はさすがに何も起こらないだろう、19年は先すぎる、なら18年内か?」そうした思惑からかもしれません。市場関係者やコメンテーターの話を聞くと、どうも18年天井がコンセンサスとなっているようです。

市場は常に上下に行き過ぎる生き物で、常に人を欺き、皆が踊り始めた時、ようやく宴は終わります。そうした特性を併せて考えると、目先の調整はあっても、いまの相場はコンセンサスと比べると案外長続きするのかもしれません。

不安定な危うい均衡状態の中で、残りわずかになった砂時計が時を刻んでいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は銘柄を調査した後どうまとめるか、という内容です。

☆銘柄のまとめ帳

購入前提でがっつり調べた内容は、エクセルにまとめるようにしています。エクセルは図、文章、数字のレイアウトが上下左右に自在であり、ワードよりも自由度が高いため、エクセルを使うようにしています。以下が実際の”まとめ”の全体像です。



2017y09m16d_083033526


左上方には会社ぺージや有報、短信へのリンクを貼っています。その下に

・考えられる以上のワーストシナリオ
・売上、費用の構成要素とそれらに影響を与えるファクター
・事業内容
・各事業
・市場環境
・競合状態
・相対的強み
・リスク&課題
・社長経歴
・疑問
・進捗率
・短信の文章

といった順序でまとめています。テンプレートが出来上がっているため、各欄に記入していけば自然と企業分析が完成するようになっています。

この横の列には重要だと思った画像を貼り付けています。さらにその横には、開示内容とまとめ、自分なりの意見を、一番右には財務状態や今後の売上利益予測、それに影響を与える売上原価明細などを貼り付けています。


1銘柄を1シートとして、銘柄のまとめ帳をつくっています。銘柄数が増加するとシートが莫大になるため、1枚目のシートに銘柄一覧を作成し、銘柄名に各シートへのハイパーリンクを貼っています。


☆がっつり調べるまでいかない場合

そこまで調べこまない場合や、下調べの場合は別の方法で銘柄をまとめています。これにはevernoteを利用します。

evernoteは電子版のクラウドノートといったところでしょうか。ノートを作成すると、ノート内に項目を作成することができます。フォルダ>ファイル といったイメージでしょうか。四季報というノートを作成し、各銘柄のコードと銘柄名をメモ名としてメモを作成しています。

evernoteの便利な点をいくつか挙げます。まず、ワードファイルと似ており、利用しやすくなっています。また、クラウドであるためPCで編集したり、タブレットで編集したりと自由がききます。自分はPCで編集し、タブレットで読むという使い方をしています。

一番便利なのはPDFファイルを挿入できる点です。ノート内にPDFを入れると、わざわざPDFを開かずともノート上で閲覧することができます。plug-inされている状態になります。タブレットから見ると挿入箇所にPDFのファイル名が表示され、それをクリックすればPDFを簡単に開くことができます。さらに、動画を加えたり音声ファイルを加えたりと利便性はピカ一です。銘柄数が増えれば検索機能から銘柄を呼び出すこともできます。


☆記録に残す

調べたら、それで終わりにするのではなく、記録に残していきます。そうすることで、知っている銘柄が徐々に増え、新しい銘柄を調べる余裕が生まれます。また、調べなおす手間も省くことができます。少しずつ銘柄を把握して、調べてまとめる。その過程でユニバースを広げていければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ