☆常に勝負する必要はない?

暑い毎日が続きますが、お元気ですか?ただでさえ低い脳内CPUが暑さでガーっと言っています。過去を振り返っても夏のパフォーマンスは最低です。1-5月分を吐き出し、10-12月にある程度追い上げるというのが例年のパターンでした。今年は同じことにならないよう、現金比率を上げました。

相場はいつでも開いているので、常にポジションを取る必要はないという当たり前のことに最近気付きました。自分に有利な時だけ戦う、銘柄の方から「買ってよ」という声が聞こえる時だけ投資してみる。そんなやり方がトレードジャンキーで利益をすり減らす自分が目指す憧れの姿です。

どんな投資家さんにも自分のターンというのがあるのかなぁと思います。そのターンが巡ってくるときにガッとポジションを取れるよう、普段から鍛練し、資産を護る。そうありたいと思っています。

スポンサードリンク
☆色々やってきた2018年

今年を振り返ると本当に色々な事に挑戦したなぁと感じます。1月2月は現物オンリーでデリバティブを使ったトレード、3月以降は信用も用いつつ先物でのロングショート。扱う銘柄も優等生の優良銘柄から、普通か優等生になりそうな不良銘柄を扱うことも増えました。そうした銘柄しかフェアバリューの下で買えないからという理由が大きいと思います。

そうして色々とやる中で、やっぱり今触っているような銘柄群は面白いなぁと思いつつ、自分の能力のなさを改めて認識した7か月でありました。信用を使うタイミングや現金を増やすタイミング。そうしたトレードスキルというのは全くなく、ルールにも組み込めないなかでダラダラと時間が過ぎたという印象を持っています。反省、、、

今後は身の丈に合った現物そして、たまに現物×集中で守りを優先した投資をしていこうと思います。


☆投資は引き算のアート

投資は引き算のアートだと尊敬する投資家さんがおっしゃっていました。何をするかより何をしないかを決めるゲームであると自分はそのお言葉を解釈しました。

あれも欲しい、これも欲しいになるのではなく、あれは要らない、これも要らない、そうして余計な枝葉を切り取り、美しいポートを完成させる。それが結果として優れたパフォーマンスにつながるのだと思います。何をするのかではなく、何をしないのかという視点は、限られたリソースを最大活用する投資活動と親和性があるのではないかと思います。

今後はこうした点に気を付け、マイペースで、でもターンが巡ってきたときにはガッといけるような鍛練も怠らないでおこうと思います。

限りなく激しく暑い日々ですが、ご自愛くださいませ。
スポンサードリンク