株を買う時は、3年後のEPSを計算してそれにPERを掛けて目標株価を計算。100%以上の乖離があれば購入可能というルールにしています。そのPERの上限を20倍に下方修正しました。

現在の市場はマザーズ(&日経)をみてもわかる通り、既にPERの縮小フェーズに入っていると思います。1月の下げまでは利益成長率の1.5倍をPERターゲットにしていましたが、その後30倍に下方、5-6月頃には25倍へ、そしてトルコや中国のネタが始まってからは20倍へと下方修正しています。今後は15倍、そして10倍と下方修正し、どんどん基準を厳しくしていく予定です。

PERの水準訂正が始まっているときに過去のバリュエーション水準が頭に焼き付いていると、少しの調整でも割安だと錯覚して購入し、結局フルポジとかでリセッションの株価調整をモロ受けすることになってしまいます。

現在の下落の理由が新興国ネタでリセッションや信用収縮とは関係なくても、株価が景気後退を先行して織り込んでいることが多く、「このマクロネタはまずい」と思ったころにはすでに十分下げて、さらにそこから大きく下げるなんてことも多々あります。

中小型が先行して下げるというのも単純に地合いが悪いという以上に、全体から資金が流出しており、ハイリスクで低流動性の中小型からの流出が目立っているから結果的に下げが大きく見えるので、資金流出という面ではグローバルに進行中なのだと思います。

最近は中長期投資からモメンタム×スイングに移行しているのもそうした理由が背景にあります。中長期投資だから買って持っていたいところですが、10年に一度あるマザーズ10分の1の下落に耐えられるならいいのですが、自分には無理なので中長期投資は止めています。中長期投資で買い下がるのであれば、PERが全銘柄1桁になるのも覚悟で臨みたいなぁと思います。そういう時期になれば、フル出動して中長期目線で買い下がるつもりです。

マザーズや日経が週足・月足で下げ始めた時は大抵は大きな危機の前触れで、それまでの感覚(09年~)で対処していると怖いなぁというのが個人的な印象です。金融引き締めでマネーが逆流している以上、下げて買ったら救われるという時代もそろそろ終わりなのかもしれません。相場は秋から冬に差し掛かっており、感覚の切り替えと冬支度が必要なのかもしれませんね。
スポンサードリンク



スポンサードリンク