投資家とは企業を分析し、よい企業を安く(あるいはマズマズの値段)で買う存在です。株価を”株式を買う時の道具”であるという見方をしており、株価分析に重きを置きません。そして企業が生み出す利益をリターンの源泉とします。一方の投機家は株価がどう動くかに重きを置き、値動きからリターンを生み出します。

投資家は満足のいく価格で株式を買います。そうすれば、株式価値の上昇が中長期的に株価を上へ運んで行ってくれるという前提で行動します。そして、投資家は指値や目標とするレンジ内で株式を購入し、市場の変動を余り気にしません。

他方の投機家は”明日の値動きがどうなるか”という点に重きを置きます。ですから、値動きに敏感になり、需給や信用買い残なども重視して分析を行います。どちらが正しいということはなく、あくまでスタイルの違いであり、どちらも正しいのだと思います。

下落相場での多くの投資家さん、投機家さんのリアクションを見ていて、投資家と投機家の間で行動に差異が存在することに気付きました。そして、その違いは大き目の下げ相場という極端な状況により増幅されていました。

いち投資家の端くれとしては、企業をしっかり分析し、まずまず買えるレベルのレンジを定めて、指値や成り行きを併用し、株式を購入しています。あとは、企業業績に乗っかって、数年単位では株価は上昇するだろうという考えの下、明日の株価は気にしないというスタンスを取っています。

ソフトバンクの孫社長は「新30年ビジョン」において、「迷ったときほど遠くを見よ」と述べらています(動画27分より)。遠くを見て、鮮明に見える景色から大局観をつかむ。そうすることで、近くを見た時の船酔いは誤差だと分かるそうです。

投資にも同じことが当てはまるように思いました。多くの投資家にとって明日の株価はさっぱり分かりません。ですが、1年後や2年後のおおよその企業業績と株価は”なんとなく”見通しが立つのだと思います。

迷ったときほど遠くを見て、リスクに敏感になりつつも近視眼的になるのを避けようと思いました。

スポンサードリンク