投資を長く続けることが、資産を増やすための一番の近道だと思っています。50%の損失を出してしまうと、100%の利益を出さねば元本を回復することはできません。それには時間がかかるため、はじめから損しない方が簡単だと言えます。また、複利を味方につけるのも大切です。年率10%でも7年と少しで2倍になります。

このように、長く続けようとしていれば、時間も味方してくれ、資産は自然に増えていきます。不思議なもので、損をしないでおこうと思うと儲かり、儲けようとすると損をしてしまいます。儲けようとすると自然とトレンドの後半で買ってしまい、高くで買ってしまうことになるからだと思います。逆に損をしないでおこうと思うと、とことん安いところで買うことができ、結果として”安全域”を有する価格で購入することができます。安全域により、例え自分の考えに間違いがあっても”安い価格での購入”がクッションになるのです。

長く続けるためには、レバレッジを効かせすぎない事も大切です。「市場はあなたが支払い可能である期間以上に非合理であり続ける」という格言があります。例えば100円の株が300円になると思い、レバレッジ2倍で購入したとします。仮に、最終的には300円になるにしても、50円になってから300円を目指すとすると、50円になった段階で全てを失ってしまいます。

あまり欲張らずに、損失を出さないことを心がけ、長く続けようと思います。
スポンサードリンク