楽しくて投資を行うのに、なぜモチベーションが必要なのか?と聞かれそうなタイトルですが、どれほど楽しいことでも「つまずくこと」、「もうやめたい」と思う時もあるようです。そんな時にどうするか?というお話です。

長く続けるには燃え尽きないことが肝心で、そのためには休むことが大切かと思います。意欲の井戸が半分になってしまったら、その半分を使い切ってしまうのではなく、残りを半分を使って井戸を満たすことに全力を使う。そうして、井戸から意欲があふれ出てきたときに全力投球するのが最善だと思います。

さて、そもそも投資を始めるのは楽しいとか、面白いといった「内的動機」によるもので、それを続けているうちに「〇%のパフォーマンスを出したい」といった「外的動機」へと昇華します。ですが、ある程度の労力をかけても、それに比例して労力対効果は低減していき、同じ努力でも上乗せされる長期リターンが低減していくと、モチベーションの問題に突き当たります。

そうした時は再度、外的動機を内的動機へと昇華させることで、壁を超えることができる気がします。これは何も内→外→内というように逆戻りしているのではなく、ある種の進化といえるかもしれません。外的動機でのモチベーションは変化に依存していて、それゆえに外部環境の変化に対して脆弱です。一方の内部要因によるモチベーションは自分の内側から湧き上がるもので、踏ん張りが効くと思うのです。

例えば新しい手法に興味を持ち、面白いと思って少しずつ取り入れていく。短期的には勝率が低下しても自らのスタイルを絶えずブラッシュアップしていくことで圧倒的な強さを手に入れている方が多くおられます。そうした方々は外的動機を「最初とは別次元の内的動機」へと進化させることで、変化に対して強靭なモチベーションを維持されているのだと感じます。

1-3月相場も終わり、自分が内→外→内のどこにいるのかを再確認しようと思います。
スポンサードリンク