中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

カテゴリ: 投資全般


☆最近のスタンス

最近は相場と距離を置いています。地合いがあまりよろしくないというのが1点、もう1点は株価はあくまで道具だという理由からです。ついつい目先の株価に一喜一憂してしまうのですが、普段見ている時間軸より1つ大き目の時間軸でチャートを眺めていると、普段の動きは取るに足らないものだと分かります。分足を見ている人は日足、日足を見ている人は週足、週足を見ている人は月足といった具合です。

過去の値動きを振り返ってチャート上で上手く反発したり、押し目で反転している企業を見ると、やはり株価を追っかけるのは大事なのかなぁと思ってしまいます。ですが、
過去に上手く反転したポイントも何かしらの開示があって反転していることが多いので、結局のところは企業をおっかけること、そして業績が全てだなぁという当たり前のことを最近再認識しつつあります。値動きについては、中長期の場合はある程度の時間軸のチャート(週足とか)の動向はフォローしておくといいと思っていますが、トレンドが崩れていないか、支持線はどこか、この2点くらいでいいのかなぁと考えています。

3年後の業績を予想して、それを基準に目標株価を算出し、目標価格の半値以下で買うことを基準にしています。条件は以下の3つです。>
☆買いの3条件

・100%以上の乖離が存在し、100%値幅を取れる可能性がある
→目標株価の算出についてはまた書きます。ターゲットが500円なら250円以下で買うことを目標にします。

・週足チャートが横ばいか上昇の初期、または押し目である
→週足チャートは業績と素直に連動し、そして時に先行指標として機能すると考えています、特に中小型株の場合は、業績に先行して株価が下げているときがあります。そうした銘柄を避けるために週足を見ています。

週足が下落トレンドの場合は、企業に問題があるか地合いに問題があるか、そしてその両方かの3通りの可能性があります。下落トレンドの銘柄を避けることで、上手くいけば個別リスク・全体相場リスクの両方を回避することができます。

・既存の銘柄よりずっといいか?
「隣の芝生は青い。特にそれが株の場合は。」という迷言を勝手に作っています。新しい銘柄はどうしても新規性もありますし、印象として実体よりも上乗せされるのだと思います。ついうち上がっている銘柄をJCするのも同じ理由かもしれません。新しい銘柄を購入するコストやリサーチ時間を考えると、保有銘柄を買い増しする方がずっと効率がよかったりすることもあるので、飛びつかないことを意識しつつ、やらかさないよう、3つ目の条件を入れています。


☆まとめ

「価格は飽くまで道具で、自分の都合のいい時にだけ利用してやればいい」色々な手法に取り組んだ後でのある種の結論です。よくよく考えるとどこかで聞いた内容だったのですが、グレアムの賢明なる投資家にあるミスターマーケットの考え方そのものでした。本で読むと、「なるほどなぁ」で終わることが多かったのですが、自分なりに結論に達し、その答えが格言と重なると嬉しいものがあります。信用は閉じていて、現物×先物ヘッジ売りをしているので、こうしたことを意識しつつ、相場とは暫くの間意識的に距離を置いてみようと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日2回目の更新です(続かないけど謎気合い)。今回は出金戦略について書いてみます。

利益が出た月は、その月の利益の20%を出金するルールを設定しています。損を出した月は出金はなしです。(ただ「不調だなぁ」と感じている場合は出金してしまうこともあります。)
出金した後は再入金を原則禁止していて、これは勝ち逃げ戦略みたいな内容です。利益が累積するに従って銀行口座が膨らみ、仮に株口座が0になってもある程度の利益を残せるようにする保険の役割を果たします。

また「原則」再入金が禁止であるので、必ず禁止されるわけではありません。リーマンショックのような10年に1回の巨大イベントが到来した時は入金を許容しています。例えば、ほぼ全銘柄がPER10倍以下で放置されるような異常事態で、毎日テレビで株式市場の急落が放映され、そして世界の金融関係者や政治家が対策に翻弄するような時、そうした時にだけ入金をokとしています。中長期投資に転向してからそうしたイベントはなかったですが、「もうそろそろかなぁ」なんて考えています。

そうした時期はボラテリティが極限状態で、値動きを当てに行くようなトレード的なスタイルはリスクが伴うと思います。なので、株価の上下を気にし過ぎず、とにかく安く買うこと
に意識を集中して、仮に株価が半分になっても持ち続けたいと思える銘柄だけを買うようにしようと思っています。待機資金も今年後半か来年には出番がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
応援のポチ頂けると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

決算の集中期ですね。ここだけは押さえておけばいいかな?的な基本的なポイントをいくつか挙げさせて頂きます。あくまで主観的なものなので、いやそれは違うでしょ的なご意見もあるかとは思いますが、いくつか書いてみます。


1、本決算には注意
期末が5月とか6月で本決算ガイダンスが出てくる企業には注意が必要かもしれません。好業績の企業には過去の収益トレンドを延長したような業績予想がコンセンサスとして織り込まれ、四季報予想にも割とそういう予想を出してくることが多いように思います。四季報予想が市場コンセンサスそのものなので、四季報予想が低めの数字でそれよりは上振れしたガイダンスを出してくると思える場合は思い切って勝負するのもアリかもしれません。


2、過去進捗との比較
進捗率そのものは業態によって変わるので、25%×4とならないケースも多々あります。ただ、株探の決算発表だと過去5年進捗平均比での数字を出してくれているので、それと比べてればいいかなぁと思っています。


3、直近四半期がダメだった理由のコメント

短信の1行とかにサラッと業績が優れなかった理由を入れてきますので、ついつい見逃しがちです。目を皿にして業績悪化の理由が書かれていなかを振り返ります。2の「低進捗」と「その理由のコメント」を併せれてみて、これは構造的にまずいなぁなんて思ったら先に逃げておくのも手かもしれません。

スポンサードリンク

4、前年同四半期の特需剥がれ
これが結構よくあるパターンで今期の決算を見ていても特需が剥がれただけでヘッドラインの数字の見栄えが悪くなるから売ってくる。なんてことがあちこちで見られています。前年同期の短信で特需とか駆け込みとかいう言葉があれば注意かもしれないですね。


5、QoQ  前3か月間との比較
2Qとか3Qになると1Q+2Qとか1Q+2Q+3Qの累計になってくるので、パッと見で3か月だけを取り出すってことがしにくくなります。株探には四半期だけの数字が取り出して書いてあったり、マネックスの銘柄スカウター、四季報のプレミアム会員向けサービスなんかでも同じような情報があります。マネックスの銘柄スカウターが無料で、情報もそろっているのでこれを見ておくといいかもしれません。

中小型株なんかはQoQでもグングン伸びて欲しいなぁなんて思っているので、まず累計を見た後、四半期(3か月分だけ)を取り出して前年同期間と比較します。項目は売上、営業利益、営業利益率を主に見ています。伸びが鈍化しているくらいならいいのですが、減益になると市場は強烈に反応してくるので理由を見てやります。(だいたい販管費が膨らんでたりで減益ってことが多かったりしますが、それでも売られる場合は逆に買ったりということも。)
スポンサードリンク


気になるポイントがあれば、100分率でみてみます。例えば2Q決算が出たなら、2Q累計のPLから1QのPLを引いて3か月だけの売上、原価、粗利、販管費、営業利益を取り出して、対売上の100分率でみてやります。これを今期の3か月と前期の同じ3か月で比較して前期2Qの3か月間と今期2Qの3か月という比較を%でみたりします。

原価とか販管費に大きな変化があれば短信のコメントを当たったり、IRに照会します。
☆まとめ

実際に書いてみるとポイントってほどの内容ではなかったですが、一番最初にやっていることを何点か書いてみました。最近の決算反応を見ていると、累計でよくても3か月間だけの数字が前期の3か月と比べて減益だったりすると猛烈に売られる印象を受けます。

3か月も待てないよ的な市場の焦りなのか、これまで高くに買われすぎていた反動なのかは分かりませんが、昔はこんなに反応したかなぁ??なんて思ったりしています。全体相場が崩れつつあることの現れなのかも、と勝手に考えたりしています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
応援のポチ頂けると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote



☆悪化し続ける地合い

ここしばらくマザーズ指数がダダ下がりです。1月の高値からの下落率は25%にもなります。ですが、リーマンショック時の下落率は日経が60%ほど、マザーズが高値から90%の下落でした。仮にまだまだ下げるならこれからだ、ということになります。

2018y08m04d_131726533
マザーズ18年間 月足


2018y08m04d_131708983
日経18年間 月足


果たして下落するのか?というのは予測の範疇に入りますから、なんとも言えませんが、中小型が先行して下落している点は気になります。 スポンサードリンク ☆ #資金流出なふ

まだ仮想通貨がバブルで1BTCが200万円をめざしていた去年の11月末、「いま起きていること、そして、いま何処にいるのか【仮想通貨etc】」という記事を書かせていただきました。この記事の中で以下のようなことを書きました。
  • 仮想通貨はバブルの最中にある可能性
  • 過剰流動性相場の終焉で18年中には相場崩壊
  • 仮想通貨崩壊が資金逆流のシグナル
  • 引き金は米国などの金融政策
  • 資金流入は債券→社債→先進国株→新興国株→ハイイールド→仮想通貨
  • 流出する際はその逆になる
現在の相場では新興国リスクが盛んに叫ばれています。貿易戦争という理由はあるものの、その陰に隠れた本質的な理由は資金の逆回転なのではないかと思っています。ついつい目先の出来事に理由を求めたくなるのは人間の性ですが、10年スパンで観察するとまた違う景色がみえてきます。それが大きな資金循環だと思うのです。
スポンサードリンク
☆思い出す11年前といま

ちょうど今から11年ほど前のことでした。まだ高校生だったころ、相場は徐々にその上昇モメンタムを失い、2万円という別次元の夢を見たまま、1.8万円を高値にその夢は悪夢となりました。当時の下落についても色々な解説がなされていましたが、結局のところは米国の利上げなどのITバブル終焉後に始まり、9.11のショックを緩和させるための急激な流動性相場のアンワインドが背景にあったのだと思います。

現在の相場は3万円の夢を見た後2月の金利急騰、VIXショックの悪夢を見ました。相場はまだその悪夢から覚めていないようです。最近の新興国株式の崩壊、マザーズなどの新興市場の崩壊は、ちょうど昨年末に世界の金融市場の下落に先導して仮想通貨が崩壊しつつあった姿と重なります。

日経平均やTOPIXが高値を抜けてくれればそれに越したことはないのですが、マザーズなどの中小型株が低流動性&高リスクな故に資金流出に過度に反応している可能性は十分にあり得ると思います。そうしたとき、これまでのバリュエーションの感覚で株を買い下がれば10年に1度はあるマザーズの90%安に巻き込まれるリスクもあり得るので、慎重にやっています。


バリュエーションのイメージは以下の通りです


PER
リーマン後   3は安い 10は高い
アベノミクス前 10は安い 15は高い
アベノミクス中 15は安い 20は高い
いま      20は安い 25は高い
この先       ??

目標株価を算出するときや購入時のPER水準を下方修正しておくと全体が収縮する中でも比較的安全に投資できるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

株の基本的なことについて、再度書いてみます。なぜ書くのか?とある事情で数か月後に書くことになるだろうから、どうせなら早いうちに書いておこうという訳です。3連休ですし、何となくというのもありますが笑。twitterから来られる方には内容的に釈迦に説法ですが、、、ページをそっ閉じするか、もし気が向けばお付き合いください。

さて、分析(といえる程の事はしていませんが)にはそもそもテクニカルとファンダがあるわけです。で、両方使っています。今日はファンダの売り上げと利益率についてコメントしてみます。


1、ファンダメンタル

☆利益、利益、そして利益

とにもかくにも利益が第一です。利益にはいろいろな種類がありますが、特益、特損のないEPSが大切で、営業外の損益は無視して営業利益から税率と発行済みを加味してEPSを出してもいいかもしれません。以下で利益というときは営業利益やそれをベースとしたEPSを指します。

「ピーターリンチの株で勝つ」では、利益と株価の相関性を視覚的に示したチャートが何枚か掲載されていました。同書を読んだ当時の自分はテクニカルメインで株価予想に精を出していましたから、その図を見た時には衝撃を受けました。株価と利益が連動するなら、利益を予想すればよく、利益の予測は株価予測より相対的に簡単だと感じたからです。



☆利益の源泉

ではその利益、どうやってもたらされるのでしょうか?


 売上×利益率=利益

究極に単純化すれば、こう表記できます。利益を売上と利益率に分解できました。次は売上について考えます。
スポンサードリンク



1-a、売上

☆売上増進の3オプション

売上は客単価と顧客数の積ですから、それぞれについて考えればいいわけです。通信会社ではKPI(重要な経営指標)としてARPU(一人当たりの月売上)がよく開示されています。飲食会社では客単価と客数が既存店売上高という形で開示されています。

売上を上げるためには、顧客を増やすか単価を上げるか、究極的にはその両方かになります。会社の取れる売上増進オプションには3種類が考えられます。

1、既存顧客に新しい商品を買ってもらう
2、新規顧客に既存の商品を買ってもらう
3、新規顧客に新しい商品を買ってもらう


の3種類です。
1は強力な顧客基盤を有していて、顧客のロイヤリティが強ければ比較的可能です。バーガーにサイドメニューを加えるバンドリング(併せ売り)や、ECサイトのレコメンドのようなクロスセル(他商品を提案して買ってもらう)、クレカ会員のグレードアップとともに高い会費を徴収するアップセルなどが挙げられます。

2は新規顧客の獲得というハードルが待っています。新規顧客を獲得するためには、よほどの新しいタイプの製品でない限り、既存の同一のサービスや商品の使用をやめて、自社サービスを使ってもらう必要があります。顧客が自社にスイッチする必要があり、スイッチングコストを低くしてやる必要があります。Microsoft以外の会社もOfficeにそっくりなソフトを廉価で出しています。ファイル形式も互換性があります。これは顧客移動のスイッチングコストを低減させている例です。

3は一番難易度が高いものです。新しい×新しいと2重に新しいが来ます。さらに、そもそも製品が市場で受容されるのかもわかりません。企業としては既存顧客か既存製品ベースで攻めていき、その先に新しい顧客や製品を出していくという展開ストーリーが安全で確実かと思います。
スポンサードリンク
☆顧客の財布

ここまでは顧客の財布について無視していました。B2BとB2Cで話は変わりますし、顧客層によっても出せるお金というのは上限があります。

B2Bの場合、企業の予算内での支出になりますから、制約が課されます。企業にとっては売上を上げる&コストを下げるために予算を支出するのが基本ですから、製品がどちらに当たるのかを把握します。どちらかというと企業の売上増に貢献する商品の方が受容性はありそうです。

B2Cの場合は必需品なのか、贅沢品なのかという点にも注意が必要です。これは不況耐性にも絡んできます。贅沢品は削られる傾向にあり、必需品は使い続けられる傾向にあります。例えばカミソリの刃は景気が良くても悪くても売れます。

また、客層についても考える必要があります。例えば、顧客を高校生とする企業と、富裕層とする企業では搾り取れる潜在的な金額が変わってきます。顧客が高校生の場合は毎月数万円が予算の限界でしょうか。そこから割り振りをしてもらう必要があるため、1人当たり数万円が限界となります。他方の富裕層ビジネスでは、獲得できる売り上げはある意味青天井といえるかもしれません。




☆売上の安定性

ここまでは売上げそのものについて見てきましたが、安定的な売上も重要です。いわゆるストックとか言われているものです。ただ、最近はストックというセリフが人気化して、果たしてストックなの?と呼ばれるものにまで、同ワードが使われたりしています。

ストックの質は解約率、特定顧客依存度により決定されます。解約が多ければストック性は低くなりますし、特定顧客への依存度が高ければ、その顧客が離脱すれば売上げは大きく縮小してしまいます。

ストック性=解約率、特定顧客依存度



☆売上についてもう少し

もちろん新規事業や分解不可能なものもあります。ですが、何が売上に当たるのか?会計上の仕組みにより売上に計上される対象が大きく変わることもあります。必然的に利益率も変わってしまったりします。IFRSと日本基準で大きく利益率や売上が異なるケースも見られています。

売上が上昇していれば利益率が一定でも利益は増加しますから、売上増を投資の絶対条件としています。いわゆるトップライングロースというやつです。逆に利益率上昇での利益増には限界点がありますから、利益増=売上増を基本公式としています。




1-b、利益率




利益率=優位性・競争力

☆利益率の中身

利益率は優位性や競争力が数字として反映されたものだと思っています。M・E・ポーターがファイブフォース分析を紹介した「競争の戦略」は有名です。同書の中で、「優位性がなければ利益率は資本コストに収れんする」と述べられています。難しい言葉を使うとROICはWACCに収れんしてきます。

簡単に言うと、どこの会社の利益率も長期的には同じレベルにまで回帰する傾向にあるというお話です。それは競争があるからです。高い利益率を獲得できる業界には参入するし、低い利益率の業界からは撤退する。そうして利益率は同質化していきます。



スポンサードリンク


☆利益率の維持


利益率、つまり優位性や競争力の維持は戦略であったり、ビジネスモデルという儲かる仕組みであったり。こうした要素が利益率を決定します。細かな企業の施策がじわじわと優位性に効いてきますから、開示資料などに目を通しておきます。

ビジネスモデルは戦略よりももっと長く優位性が継続するタイプのもので、安定感があります。儲かる仕組みであり、仕組みを作り上げられれば自然とお金が入ってくる、そんな機械のようなものです。ビジネスモデルにはある程度の型がありますから、書籍を当たってもいいかもしれません。「ビジネスモデルの教科書」、「プロフィットゾーン」なんかは分かりやすくて好きです。


☆利益率の実際

利益率を分析するときは、可能な限り過去の数値までさかのぼり、売上、原価、粗利、販管費、営業利益を100分率で表します。各要素が対売上比でどう推移しているのかを企業のアクションや定性面と照らし合わせて考えます。

過去の数値→過去の定性面→将来の定性面→将来の数値

という風な流れです。

こればかりは、サイエンスというよりもアートに近く、実際にトライアル&エラーを繰り返し、予想をして、四半期ごとの決算などで微修正を加えていき答え合わせをしていく他ありません。自分も修行中です。

四半期ごとの利益率も100分率表記してやります。2Q、3Qになると累計されてきますから、3Q累計-2Q累計で3Qだけを取り出し、前年同期比と比べて変化の理由を探ったりします。

また、利益率は5年程度すれば平均へと回帰することが言われていますから、保守的に予想するため、3年程度先まで優位な利益率を維持できるという前提を置きます。



1-c、おわりに

1時間弱で簡単に売り上げと利益率について書いてみました。まだPERの算出、目標株価の算出、そしてテクニカルがテーマとして残っています。また気が向けば書いてみます。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ