中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

カテゴリ: 投資全般

☆アッという間に11月

久々の更新です。

年末にかけて仕事のボリュームが増えたり、新規で色々と始めたりとバタバタしています。気付けば、あっという間に11月中旬。毎年この時期になると、「1年が過ぎるのは、早いなぁ~。年取りたくないなぁ~」なんて思います。。。



☆投資

投資の方は基本的にホールドで、シナリオが狂った銘柄だけ入れ替えたり、3年後の目標株価とのGAPや確度をベースにウェイトを調整しています。


☆目標株価

目標株価はトップラインのCAGRと営業利益率(+税率など)からEPSを算出して、PERについては 1、成長率 2、成長期間 3、確度 からPEGを算出→EPS成長率にPEGを乗してPERを算出 といった具合で導出しています。レンジを広めに取るためにマトリックスを作って、ビジュアル化しています。

これは、とある銘柄のターゲット価格のマトリックスです。売上CAGR、営利率、PERの3要素で表を作成しています。

2017y11m12d_110306664

こんなの当たらないでしょ、DCFでFCFとdiscount rate求めて、1段階成長、2段階で成長率出して(ry と言われそうですが、DCFは変数が多すぎるので、単純にEPS、PERから算定することにしています。

この表の銘柄については営業利益ベースでCAGR35%の成長を見ていました。出てきた直近の通期着地がガイダンス上振れの+37%成長、新規ガイダンスは+32%成長とほぼインラインの数値となりました。

という訳である程度見通しは効くのかなぁと思っています。



☆今取り組んでいること

去年の今頃も同じことを書いた気がしてますが、相変わらず色々な企業を見ています。有報通読から入り、短信、開示、HP、動画などを見ています。最近では1日3社ペースで進めていたので、少しバテています。

特に12月にはIPOが集中するので、読み込む資料が多くなります。加えて決算期ですしね。

買える買えないは別として、色々な企業を見ていくことでスキルは確実に蓄積されていくと思っています。修行中の身ですので毎日コツコツと1銘柄でも多く調べていこうと思います。


☆それにしても市況が、、、

最近は連日で日経が高値を更新したりと、「強いなぁ」と感じています。一方でマザーズはあまり上がっていなかったり、ふーんと思いながら見ています。

2018年には米国発でリセッション入りかな?なんて思っていますので、すこし警戒しながら臨んでいます。

とはいっても全体の市況を見通すより、個別株が高いか安かを意識して、それに応じて売買をしていれば自然と現金比率も高まるので、見通しにくいものは漠然と捉える程度にしています。

そんなこんなで、寒くなりますがご自愛くださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ファンダメンタルとチャートを観察していると、軒並み週足チャートが業績に連動しており、また時として先行していることに改めて気付きました。

扱っている銘柄が中小型株だというのもあるかもしれません。中小企業は大企業に比べてガバナンスも甘く、中身が漏れているというのが理由かと最近思っています。もちろん株価は業績に連動し、指数は景気に先行することは昔から言われていることですが。。。また、資金効率を考えた時、やはり動かない銘柄を1年も持っておくというのは勿体ない気がしています。

これまでは「いい企業を十分に安い価格で買う」としていました。

一方で最近は

何を:ファンダが好きで、綺麗な週足チャート(上昇トレンドか少なくとも横ばいor下落トレンドの下げ止まりが確認できる)



いつ・いくらで:そこそこに安い価格で、十分に押したとき(週足の中の深めの押し目)に買う

というスタイルに移行しつつあります。

ファンダが良好であるというのは、株価上昇のエネルギーにつながります。また、ファンダが好きであるという条件は、握力につながるため、大変重要です。次に、週足チャートが綺麗であれば下げ相場でも多少の抵抗力が存在することになります。週足が下落していると軒並みファンダメンタルも悪化してくることが多いように思います。

こうしたスタイル変化の背景にあるのは1つの事件でした。四季報決算漏れです。



2017y08m25d_094326598



上はとある銘柄の週足チャートです。チャートの1つ目の矢印で3Qの発表がありました。それ以降横ばいが続き、2つ目の矢印では四季報予想の大幅下方修正が続きました。この時点で週足チャートでは株価が26週線を大幅に割り込み、株価は下降トレンド入りしました。

2つ目の矢印地点で例え少しでも売却していれば、その後の下落の影響を多少なりとも緩和することができたはずです。結局、通期下方どころかガイダンスは真っ赤で、ウェイトを減らしていたとはいえ、想定外のガイダンスに真っ青になりました。

ついこの間までプレビューレポートなんてものが出ていたのですから、アナリストなど一部の人に先行して情報がいきわたっているのも説明がつきます。そう考えた時、株価は業績に先行するというのも納得できたのです。

これまでのスタイルに週足チャートの重視を加えただけで、一見そこまで大きな変化ではありません。ですが、資金効率を考える上では
多少なりとも効果があるように思います。


次回は週足チャートとファンダメンタルを連動させた撤退手法について書こうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

最近は銘柄分析とその集約化に集中しており、なかなかブログを更新できずにいます。四季報シーズンが一巡しても、常に調べ続ける姿勢を保つことが大切だと思います。そうすることで、新しい号が出た時も慌てることなく、冷静に全く新しい銘柄を調べる余裕が出来るからです。

前に書いた内容と重複しますが、一連の作業は以下の通りです。


・紙四季報を通読 
2,000→3,000→4,000→6,000→9,000→8,000→7,000→5,000→1,000 の順に通読します。
自分好みの銘柄が載っている場所を重点的に見てやります。

気になった銘柄には付箋をつけ、リスト化します。エクセルにリストを作って点数化するもいいですし、evernoteにまとめるのもいいかと思います。ただ、ソート機能を使い点数順に並び替えを行いたい場合は、エクセルがいいでしょう。


・四季報CD
紙を通読したあとはスクリーニングです。時価総額700億未満、売上増加の2条件で企業を探します。紙の通読で取り逃していた企業を見つけるのが目的です。また、データが豊富なため紙で見つけた企業をCDで見るという使い方もしています。


・企業を2分類してノートに情報を加えていく
大まかに企業を見たら2種類に分類します。1つ目は欲しいと思える”買いたい枠”(100銘柄前半が目安)、2つ目はとりあえず調べておこうという”とりあえず枠”です。

それぞれevernoteでノートブックを作成し、その中に1銘柄1ノートの形で有報、短信、説明資料などを入れていきます。

”買いたい枠”では、短信や月次など全てをフォローする必要があるため100銘柄~150銘柄を上限とします。

また、IPO専用のスタックを作成し、年別にノートブック作成、その中に各銘柄をノートの形で追加します。

*今更にはなりますが、有報は情報の宝庫です。例えばB2Bで、企業側があまり公表したくない特定顧客についても売掛金、買掛金残高から仕入れ先、販売先を推測することができます。収益計上基準、ビジネスモデル、沿革、リスクなどについても一通り網羅されています。


・銘柄を分析
まとめた銘柄リストを1銘柄ずつ精査していきます。順序はIPO→買いたい枠→とりあえず調べる枠の順です。

直近IPOは一度乗り遅れると永遠の戻ってこないリスクがあるため、早めに見ておきます。四季報に初めて掲載される頃には、「時すでに遅し」となっている事もしばしばです。


・購入候補リストを作成
”とりあえず調べる枠”や”買いたい枠”、"IPO"から厳選し、100~150銘柄をリストにします。銘柄名、コード、コメント数行を残しておきます。evernoteではノートへのハイパーリンクを貼ることができるため、銘柄名にリンクを貼り、一覧から個別銘柄へ飛べるようにします。


・四季報オンラインに登録
ニュースや開示を一元的に把握するため、またPERでのソート、週足チャート一覧表示など便利な機能が豊富な四季報オンライン。リストに記載した銘柄を確実にフォローするために利用します。


・楽天アプリへ登録銘柄として登録
ニュースなどをリアルタイムで通知してくれるため、追加しておきます。



以上が大まかな流れです。evernoteを投資に利用するようになったのは最近で、最初の一歩に時間がかかっています。現在は”IPO銘柄”と”買いたい枠”の調査&まとめの最中です。

四季報次号発売までに全ての手順を終了させようと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ