中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

カテゴリ:市況 > 株式市場

これは17年7月に公開したものですが、本質的な部分に変化はないため再度掲載します。文中の指標は当時のものです。



アメリカが風邪をひくと、風邪はインフルエンザに化けて、またたく間に世界に感染してしまいます。従って、マクロ経済を見るときはアメリカ経済を中心に見ています。15年にはチャイナショックもありましたが結局のところ下げは限定的でした。市場は程よい均衡点を見つけ、15年末には2万円台を回復するに至りました。

そう考えると、やはり米国景気の動向が今後のグローバルな金融マーケットを占う上で重要だと思います。過去を振り返ってもITバブル崩壊、リーマンショックなど指数の下落幅が50%以上を超える”暴落”と呼んでいい下げは、ほぼ全てアメリカ発でした。

中国が米国のGDPを追い抜くまではアメリカファーストで市場を観察し、”米国発以外の危機は、基本的に買い”のスタイルでいいかと思っています。(中国の経済統計は参考にならないと言われますが、仮に下駄の履かせ方が一定であるならば、統計のトレンドを観察すると趨勢がつかめるかもしれません)

さて、米国についてさらに言うと、全ての指標が警戒域を示しているように思います。

現在の景気サイクルは120か月近い拡大フェーズの最中であり、過去最高期間を更新する勢いです。

株式市場に目を移すと、SP500のPERは18.9倍、益回りは5.2%。10年債の利回りが2.3%ですから、株式と債券を比較したときのスプレッドは2.9%にまで縮小しています。金融危機直後のそれと比べると、随分と縮小している印象です。仮に益回りと10年債が逆転すれば、リスクフリーの債券の方が株式よりも高リターンをもたらすということで、超異常域に突入してしまいます。

クレジット市場ではHigh Yieldと10年債のスプレッドがリーマンショック前レベルにまで縮小しています。(例えば10%のリターンが見込める商品があるとして、金余りで運用難の資金が殺到。結果として価格が上昇することでリターンが低下。逆に、危機時には資金が金融商品から逃避するため価格が下落し、リターンが高まるという具合です。)リーマン前には住宅関連デリバティブなどに資金が集中し、HYと10年債の利回り格差は2.5%にまで縮小していました。市場がリスクを取り、価格を押し上げ、価格上昇を通じて金融商品の潜在リターンが低下したことの表れです。逆に、2008年には資金が逃避し、価格が急落。結果として利回りは跳ね上がっています。


時計の針を現在に戻すと、スプレッド(HY利回りー10年債利回り)は3.7%という低水準で推移しています。金余りにより、市場がリターンを求めてハイリスク商品を買っていることがわかります。


イメージ 2
BTC推移


また、仮想通貨に市場のリスク選好・金余りの姿勢が端的に表れており、リターンを求めた投資家の資金流入が17年上旬まで続きました。FRBの利上げとバランスシート縮小、そしてBTC特有のリスクから、現在の価格は急落しています。行き場を失った資金が仮想通貨という時価総額の小さな市場に流入し、そして通貨リスクと金融引き締めを材料に、流入した資金が一気に抜けています。

07年は住宅関連で焦げ付きが見られ、現在は自動車ローンや学生ローンの焦げ付きが見られます。この2つは市場としてはそこまで大きくないため、大きな崩壊を起こすに至っていないのが実情です。



債券市場ではイールドカーブがフラット化し、景気の先行きの弱さを示唆しています。一般的にイールドカーブのフラット化は景気後退の先行シグナルであることが多く、ITバブル崩壊前も同様の現象がみられました。



何を見ても、現在の相場が危険域にあることは確かです。ですが、カタリストが無い限りは下がらないのが市場というもので、現在はきっかけ待ちといったところでしょうか。全てが逆に行くための必要条件は整っているため、あとは十分条件(カタリスト)が何なのかということが重要になります。自動車市場や学生ローンでは危険なイベントが発生しているものの、市場全体を揺るがす程ではないようです。

そうしたことを背景としてか、ダウはどんどん高値を取っています。「17年内はさすがに何も起こらないだろう、19年は先すぎる、なら18年内か?」そうした思惑からかもしれません。市場関係者やコメンテーターの話を聞くと、どうも18年天井がコンセンサスとなっているようです。

市場は常に上下に行き過ぎる生き物で、常に人を欺き、皆が踊り始めた時、ようやく宴は終わります。そうした特性を併せて考えると、目先の調整はあっても、いまの相場はコンセンサスと比べると案外長続きするのかもしれません。

不安定な危うい均衡状態の中で、残りわずかになった砂時計が時を刻んでいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

週明けのマーケットは比較的落ち着いた展開を想定しています。北朝鮮の建国記念日(9/9)を無難に通過したことから、買い戻しの動きが優勢となりそう。特に為替市場においては、建国記念日前日の金曜日に予め円を買う動きが活発化し、107.30まで円高が進行しました。

これまで北朝鮮情勢に一喜一憂していた日本株ですが、為替を中心としたアンワインドの動きから株式市場にもポジティブな流れが波及しそうです。

新興市場においては、中国ICO禁止措置や取引所閉鎖に関するニュースから仮想通貨が急落しており、テーマ株の一角には弱い動きがみられそう。ただ、相場に資金が戻ることから、新興市場全体としては物色意欲が旺盛な中、マザーズ指数も節目の1,000ptを死守するのではと思っています。

アメリカの債務上限も、ハリケーン対策資金との抱き合わせでひとまず懸念は遠のきました。日米ともに、ひとまずはリスクオン相場で上値を試す展開となりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

☆振り返り
先週の月曜日、突如北朝鮮がミサイルを発射しました。CME日経先物では一時19,000円を付ける展開でしたが、「米国への脅威ではない」との米高官の発言から徐々に落ち着きを取り戻し、100円強の下げで引けました。結局、週間では想定外の上昇を見せ一週間の取引を終えました。

9月9日の建国の日に近づくにつて、北朝鮮リスクがより意識される展開になるとは思います。ですが、一旦の出尽くし感で市場には安心感が広まりました。



☆もう一つのリスク
米国に目を移すと債務上限問題が9月に控えており、ハービーの影響で期日が数日早まるようです。中にはハービーの影響で、「かえって議会のまとまりがよくなるのでは」という声も聞かれました。


2017y09m03d_145605122

米10年債利回り

通常、財政問題が起これば債券売り→金利急騰という流れが自然です。ですが、10年債利回りは不気味なほど低位で安定しています。1つの可能性は債務上限問題の落ち着きを織り込んだもの。そしてもう一つは”リスクプレミアムでの金利上昇”以上に”景気に対する見通しが悪い(金利低下要因)”というもの。金利低下要因の圧力が大きく働き、金利が低位に抑えられているという考え方もできます。筆者は金利のボラテリティが低いため前者の可能性を見ています。よって、週末の日本株上昇は2つのリスクが後退したことによるものと説明できます。

☆雇用統計
イールドカーブがフラット化しているだけあって、債券市場の景気見通しは暗いままです。

2017y09m03d_145931405

米国債 イールドカーブ


これを裏付けるかのように金曜日発表の雇用統計は低調な数値となりました。ただ、(賃金上昇率やU-6、下方修正は置いておいて)15万人という最低ラインを維持しているため、良くはないけれど悪くも無いといった評価を与えることができるように思います。


☆ゴルデロックス相場継続へ
ハリケーンや低調な経済統計を受けて、FRBの引き締め速度が減速するという見通しからFF金利先物では12月の利上げ織り込み度は40%となっています。

2017y09m03d_150521360

市場もなかなかタイトニングを織り込めない状態であり、しばらくは緩和でも引き締めでもないぬるま湯状態が続くというのが市場コンセンサスなようです。それを反映するかのように、ダウとナスダックは強いチャートを形成しています。



2017y09m03d_150839644


☆再度もう一つのリスク 北朝鮮
米国のリスク(債務上限、引き締め)は一旦沈静化したため、日本市場の関心は北朝鮮問題に向くでしょう。本日3(日)には度重なる核実験を行っており、週明けの株式市場は地政学リスクが意識される展開となりそうです。


☆慣れてしまった日本
そうはいっても、頭の上をミサイルが通過するのと北朝鮮国内で核実験が行われるのとではリスクの捉え方が異なります。長期的には核の兵器化はリスクでありますが、週明けは地政学リスクを意識しつつも落ち着いた展開を見せるのではないかと考えています。


☆チャート的には節目でサポートされる展開
日経平均の週足チャートに目をやると、週足の基準線でサポートされています。基準線はトランプ相場以降のサポートラインとして機能し、相当強いサポートラインとして意識されます。同レベル19,000円前半を下抜けるかどうかが今後の相場を占う上での鍵となるでしょう。

2017y09m03d_151429417



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ