中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

カテゴリ:市況 > 仮想通貨


☆発表された日本での課税


先日、仮想通貨課税の具体的な内容が国税HPに記載されました。そして、その方向性は日米で真逆を向いているように思われました。まず、先日発表された日本の課税についてです。

仮想通貨取引は「雑所得」【仮想通貨まとめ】


内容としては売買差益に雑所得という一般的なものでした。FXもかつては「雑所得で総合課税」でしたが、現在では「先物取引に係る雑所得等」となっています。つまり、先物取引等と損益が通算でき、さらに損失の繰越も可能となっています。

仮想通貨の現行の課税方式は、投資家にとっては極めて分の悪いものと言えそうです。ですが、法整備が進み裾野が広がるにつれて、「先物取引に係る雑所得等」として扱われるのではないかと思っています。


☆仮想通貨でモノを買う場合

それに加えて、仮想通貨でモノを購入した場合の課税についても明記されています。例えば1BTCを1万円で買い、購入した1BTCを利用して6万円のテレビを購入した場合を考えます。このケースでは1BTCの差益である6-1=5万円が雑所得として課税対象となります。

そして、その数日後、米国では以下の法案が下院に提出されました。

米下院に新法案、600ドル未満のビットコイン消費は非課税 【bitcoin news】


かつては仮想通貨によるモノの売買にも課税されていた米国。先の例でいうと、テレビを購入した場合の差益5万円分に課税されていましたが、それを今後非課税にするという案です。日米で真逆の課税方針となっています。


☆米国の目指すところ

米国の新法案の目的は「課税が日常生活での仮想通貨普及の妨げにならないようにする」所にあります。日米の課税の違いに、米国官民一体となってのデファクトスタンダ―ダー志向が見え隠れしました。

デファクトスタンダードとは、使われれば使われるほど価値の上がるサービスで覇権を取った者を表現した言葉です。GoogleやFacebookはデファクトスタンダ―ダーの最たる例です。例えばFacebookは、皆が使っているから自分も使い、それを見た他人も同じサービスを使うという過程(正の外部効果という経済原理)を経て、デファクトスタンダードを獲得しました。一方で日本のmixiは正の外部効果にモノを言わせた黒船に駆逐されるに至りました。

米国企業を見てみると世界の覇権を握り、そしてデファクトスタンダーダーとして振る舞うことで周囲のエコシステムも上手く取り組み、自国経済の活性につなげています。仮想通貨のアイディアも恐らくは日本発ではありますが、完全に米国に主導権を握られたと言えそうです。

中国は資本流出への懸念から「ICOの中止や取引所の閉鎖を発表した」と伝えられています。ですが、こうした施策は、長期的に見れば世界の潮流に逆行するものであり、賢明であるとは思えません。一方の米国では規制をかけつつもICOをうまく使いこなし、仮想通貨という巨大市場の覇権を握ろうとしているように見えるのです。

全く異なる課税方式がほぼ同時に発表されたため、思うところがあり記事としました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、中国がICOを禁止するというリリースが突如発表されました。仮想通貨はアルトコインも含めて軒並み下落し、ビットコインのフォーク以来の下落を見せました。ICO禁止に対する既存仮想通貨への見方は2つに分かれると思います。

その1、競合減少による既存通貨の地位向上
ICOで新通貨が出れば、当然の事ながら既存通貨からそちらへと資金流出が起こります。日経CNBCでもコメンテーターの方が、既存通貨の地位を維持するためにはICO禁止はプラスではないか?と仰っていました。ロジカルに考えれば真っ当なご意見なのですが、マーケットの反応は異なりました。

その2、マーケットとして裾野の広がりが抑制される

今回のICO禁止で仮想通貨が急落した背景には、裾野の広がりが抑制されることへの懸念があったように思います。黎明期である仮想通貨市場の新しい資金調達手段であるICOが禁止されれば、それだけ通貨市場の活性度が落ちることになると市場は考えたようです。


株式市場においては、IPOが好調な時は既存銘柄も堅調に推移します。また、IPOの盛り上がりにより、株式市場に新規資金が流入する現象もよく見受けられます。そう考えていけば2つ目の考えを背景に市場が急落したのも頷けます。


直近では8日、中国高官が「ICO禁止は一時的」と述べており、それが市場の反転材料となっています。いくら規制の厳しい中国でも時代の流れに逆らえる訳もなく、米国同様にICOがスタンダードになっていくものと思われます。中国が仮想通貨に厳しいのは、国外への資金流出を恐れているからであり、それが収まれば同国でのICOは広がりを見せるように思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ビットコインが50万円の高値を付けたのは北朝鮮情勢が緊迫化する8月15日の事でした。15日には、韓国と日本では他国でのビットコイン価格に対してプレミアがついた価格で売買されており、有事の金から有事の仮想通貨へと時代の流れがシフトしているように感じました。その後フラッシュクラッシュを経たりと、ビットコインは横ばいでの値動きが続いています。

ビットコインとアルトコインの間で資金が行き来することはよく知られています。これはちょうど日経平均と中小型株の関係によく似ています。片方が好調であれば、もう片方が不調である。そんな事が多い気がします。稀に両方が凄まじい上げを見せることがありますが、そうしたケースでは仮想通貨全体に資金流入が続いているのでしょう。ですから、仮想通貨のポートフォリオを組むときは、ビットコインとアルトコイン両方を持つことが仮想通貨全体の値動きを捉えるためにも大切だと思います。

最近ではビットコインの眠たい値動きにより、アルトコインに資金が流れているようです。XMR、LISKとアルトコインは軒並み高値を取ってきています。アルトコインの時価総額が小さいことも急激な値動きの一因となっています。ちなみに、仮想通貨別の時価総額はCoin Geckoにて確認できます。また、リアルタイムのALTコインの値動きを見るなら、Coin CheckのアプリやHPも便利です。(登録しなくても無料で値動きを見ることができます)

仮想通貨の裾野が広がりつつある今、まだ動いていない隠れたアルトコインを探してみるのも面白いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ