中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

カテゴリ: 投資スタイル

株を買う時は、3年後のEPSを計算してそれにPERを掛けて目標株価を計算。100%以上の乖離があれば購入可能というルールにしています。そのPERの上限を20倍に下方修正しました。

現在の市場はマザーズ(&日経)をみてもわかる通り、既にPERの縮小フェーズに入っていると思います。1月の下げまでは利益成長率の1.5倍をPERターゲットにしていましたが、その後30倍に下方、5-6月頃には25倍へ、そしてトルコや中国のネタが始まってからは20倍へと下方修正しています。今後は15倍、そして10倍と下方修正し、どんどん基準を厳しくしていく予定です。

PERの水準訂正が始まっているときに過去のバリュエーション水準が頭に焼き付いていると、少しの調整でも割安だと錯覚して購入し、結局フルポジとかでリセッションの株価調整をモロ受けすることになってしまいます。

現在の下落の理由が新興国ネタでリセッションや信用収縮とは関係なくても、株価が景気後退を先行して織り込んでいることが多く、「このマクロネタはまずい」と思ったころにはすでに十分下げて、さらにそこから大きく下げるなんてことも多々あります。

中小型が先行して下げるというのも単純に地合いが悪いという以上に、全体から資金が流出しており、ハイリスクで低流動性の中小型からの流出が目立っているから結果的に下げが大きく見えるので、資金流出という面ではグローバルに進行中なのだと思います。

最近は中長期投資からモメンタム×スイングに移行しているのもそうした理由が背景にあります。中長期投資だから買って持っていたいところですが、10年に一度あるマザーズ10分の1の下落に耐えられるならいいのですが、自分には無理なので中長期投資は止めています。中長期投資で買い下がるのであれば、PERが全銘柄1桁になるのも覚悟で臨みたいなぁと思います。そういう時期になれば、フル出動して中長期目線で買い下がるつもりです。

マザーズや日経が週足・月足で下げ始めた時は大抵は大きな危機の前触れで、それまでの感覚(09年~)で対処していると怖いなぁというのが個人的な印象です。金融引き締めでマネーが逆流している以上、下げて買ったら救われるという時代もそろそろ終わりなのかもしれません。相場は秋から冬に差し掛かっており、感覚の切り替えと冬支度が必要なのかもしれませんね。
スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


市場の非効率を突くことが全ての投資家の超過リターン、アルファの源泉だろう。現状の相場水準が幾分下がったとはいえ、個別銘柄には割高感が見られるものも散在する。これまで言われてきた一般的な非効率性のストーリーとは、「中小型株はカバレッジ面などから見放され、ミスプライスで放置されている。だが市場の特性からそうした乖離は永続しない。故に中小型の成長株を買えば、ミスプライスは業績という材料を通じて、最終的に解消される」というものだった。

2010年頃からの中小型株人気をきっかけとし、そして昨年はゴルディロックスに支えられた相場により、かつての非効率性の概念は姿を消しつつあると考えられている。「割安な株が無い」という多方面で聞かれる言葉が全てを象徴している。なるほど、既存のストーリーをベースとした非効率性は消えつつあるのかもしれない。

だが、市場を構成するのは依然人間であり、人が関わる以上はどこかにerrorが発生する。そのerrorはミスプライスであり、情報の解釈であり、誤発注であったりと、様々な形を通して市場の非効率性の構成要素となる。

最近では四半期決算が悪ければ、仮に通期業績に問題がなく、計画線で推移していても売られる銘柄が多くみられる。背景にはゴルディロックスの終焉や過剰流動性相場のアンワインドがあろう。けれど、こうしたヘッドラインの過剰反応で売り込まれた価格も非効率性の1つではないかと考えられる。

また、場中決算の小型銘柄も、仮に開示資料を読み込めば明るい将来を描ける内容であっても、見栄えが悪ければ大きく売られる。発表当日の株価は大きく下落するも、翌日にストップ高をつける銘柄さえ存在している。この地合いの中で、である。こうしたフェアに評価されるまでの時間的猶予が一定程度あるというのも非効率性の1つの形ではないか。

非効率性はかつての姿を変え、いま、ここにも存在しているのだ。数世紀に渡り続いた人間対人間の攻防、そしてそこから生まれる数多くの非効率性は時代を超え、形を変え存在し続ける。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

投資するなら、1口座での運用が管理面で色々と便利だと思います。ただ、あえて忘れることのできるレベルの少額(例えば運用額の10%くらいの金額)をサブ口座に入れておきます。そして、「どう考えてもこれは」 と思える銘柄に出会ったときは、口座内でフルポジとか、少し信用を使ってでも買ったりします。

メインの口座はどうしてもタマ~に見てしまうので、そうすると資産変動が気になって目標価格に行くまでに手放してしまうリスクがあります。サブ口座だと少額なので、気にならないため持ち続けることができます。値動きや資産変動を見ないだけに、売買することも減るという当たり前のお話なのですが、いざやってみると割と効果がありました。握力最強!だって忘れてるもん(てへぺろ みたいな。

アメリカの株格言に「株を買ったら、買ったことを忘れてしまうことだ」というのを聞いたことがあります。ずっと持ちたい!という銘柄を安くで買える時はメインだけでなくサブ口座でも買って、あとは忘れておこうと思います。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


☆常に勝負する必要はない?

暑い毎日が続きますが、お元気ですか?ただでさえ低い脳内CPUが暑さでガーっと言っています。過去を振り返っても夏のパフォーマンスは最低です。1-5月分を吐き出し、10-12月にある程度追い上げるというのが例年のパターンでした。今年は同じことにならないよう、現金比率を上げました。

相場はいつでも開いているので、常にポジションを取る必要はないという当たり前のことに最近気付きました。自分に有利な時だけ戦う、銘柄の方から「買ってよ」という声が聞こえる時だけ投資してみる。そんなやり方がトレードジャンキーで利益をすり減らす自分が目指す憧れの姿です。

どんな投資家さんにも自分のターンというのがあるのかなぁと思います。そのターンが巡ってくるときにガッとポジションを取れるよう、普段から鍛練し、資産を護る。そうありたいと思っています。

スポンサードリンク
☆色々やってきた2018年

今年を振り返ると本当に色々な事に挑戦したなぁと感じます。1月2月は現物オンリーでデリバティブを使ったトレード、3月以降は信用も用いつつ先物でのロングショート。扱う銘柄も優等生の優良銘柄から、普通か優等生になりそうな不良銘柄を扱うことも増えました。そうした銘柄しかフェアバリューの下で買えないからという理由が大きいと思います。

そうして色々とやる中で、やっぱり今触っているような銘柄群は面白いなぁと思いつつ、自分の能力のなさを改めて認識した7か月でありました。信用を使うタイミングや現金を増やすタイミング。そうしたトレードスキルというのは全くなく、ルールにも組み込めないなかでダラダラと時間が過ぎたという印象を持っています。反省、、、

今後は身の丈に合った現物そして、たまに現物×集中で守りを優先した投資をしていこうと思います。


☆投資は引き算のアート

投資は引き算のアートだと尊敬する投資家さんがおっしゃっていました。何をするかより何をしないかを決めるゲームであると自分はそのお言葉を解釈しました。

あれも欲しい、これも欲しいになるのではなく、あれは要らない、これも要らない、そうして余計な枝葉を切り取り、美しいポートを完成させる。それが結果として優れたパフォーマンスにつながるのだと思います。何をするのかではなく、何をしないのかという視点は、限られたリソースを最大活用する投資活動と親和性があるのではないかと思います。

今後はこうした点に気を付け、マイペースで、でもターンが巡ってきたときにはガッといけるような鍛練も怠らないでおこうと思います。

限りなく激しく暑い日々ですが、ご自愛くださいませ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

前回は、週足チャートを基準にエントリーのタイミングを図るというスタイルについて書きました。今回は週足チャートを利用した撤退戦術について具体的に書いていきます。


☆全体像
扱っている銘柄には高いPERの銘柄も存在します。例えば30倍といったPERの銘柄です。そうしたバリュエーションの銘柄を、安くなったから買い増すというのは非常に危険です。グロースからバリューへの移行時にはEPSとPERの両方で下方の修正が起こるからです。また、金融危機時など全体的な水準訂正が起こる場合にも、高いPERの銘柄から撤退することが賢明です。

週足チャートは業績とほぼ連動しています。日足ではノイズが多く、月足ではタイミングが遅くなるため、週足を利用しています。そして、週足を使うことで2つのリスクを察知して避けることができます。

1、業績の異常
中小型株は大型株と比較して、業績が漏れやすい傾向にありそうです。また、流動性が低いため、インサイダーの売りが株価へダイレクトに反映されます。週足チャートで異常を感じた場合は、大体においてその後に業績の異常が待っていることが多いように思います。

2、市場全体の下落
市場全体が下落するときも、個別の週足チャートを見て、撤退するか否かを決めます。

このように、週足を見ることで個別リスクと市場リスクの両方から資産を守ることができるのです。


☆週足を用いた撤退
エントリー時には、週足チャートからある程度の撤退ポイントを明確にします。「この水準まで株価が下がれば、自分が見逃している何かが存在する」といった考えがベースにあります。

撤退は徐々に行うこともポイントです。そうすることで、ノイズに引っかかってポジションを減らすことも防げます。徐々に動くことが相場変動に処する最善の方法だとおもっています。


☆撤退ポイントの上方修正
エントリー後に撤退ポイントまで株価が下がることなく、上昇したとします。その場合、四半期に1度週足チャートを基に、”撤退ポイントの上方修正”を行います。四半期に1度決算が発表されるため、それとタイミングを合わせます。四半期業績を反映させるために、撤退ポイントを移動させます。撤退ポイントは上方に移動させることはあっても、下方に移動させることはありません。どんどん損失が大きくなり、塩漬け銘柄となってしまうからです。

四半期に1度の撤退ポイントの上方修正では、「ここまで下がればトレンドが崩れるだろう」というポイントへ修正ポイントを移動します。異常が無ければ上昇トレンドに乗ることができますし、何かあれば下降トレンドへと突入するため、撤退することになります。

1四半期の数字が悪いだけでは、週足チャートが下降トレンドへ突入することはあまりありません。通期への懸念が生じた時に週足チャートは下降トレンド入りします。ですから、たまたま1四半期の業績が悪かった場合などは週足チャートにおける買い増しタイミングになります。


☆まとめ
色々と述べましたが、週足を用いることで「市場リスク」と「個別リスク」の両方から身を守ることができます。そして1四半期に1回の頻度で撤退ポイントの上方修正を行うことで、利益をトレール注文の形で守ることができます。週足トレンドの下落は通期レベルでの業績悪化シグナルであるため、高いPERの株式を保有している場合は、急いで逃げるのが賢明だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ