中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

カテゴリ: 投資スタイル

☆動いていない時に考え、動いているときは考えない

株価の値動きに翻弄され、当初のアイディアやポジションを変えてしまったことはありませんか?


自分が行っている対策とはずばり、「動いていないときに考え、動いているときには考えない。」です。例えば投資のポートを構築するとき、ザラ場ではなく引け後にポジション構成を考えるようにしています。そうすることで、値動きが判断に影響を及ぼすことを避けることができます。


ザラ場での決断においても同じ事がいえます。つまり、どうしてもザラ場に考えねばならないときがあります。そうしたときは、相場が派手に動いているときは何も考えず、そのかわりに相場の動きが大人しい凪の時間に考えるようにするのです。値動きに惑わされないためには、値動きとの接点をできる限り絶つか、派手な動きを避けることが一番です。



☆大きく動いている時は小さく動く

相場には”凪の時間”があれば”嵐の時間”があったり、元の形をとどめることなく、常に安定と不安定の間を振り子のように揺れ動いています。そして、相場が大きく動く時には小さく動くようにしています。そうした状況では値動きのボラテリティが高く、価格変動に感情が飲み込まれてしまいまうからです。


ですから相場が大きく動いているときは出来る限り派手に動くことは避け、少しずつポジションを移していきます。そうすることで、値動きの激しさを時間の分散で吸収させることができます。

逆に相場の動きが小さい時には大きく仕掛けます。小さな動きの後には派手な動きが来るからです。そして分析が正確なものであれば、多くの場合において自分の思い通りの方向に相場が動くことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

一般的に「売りは買いよりも難しい」と言われています。買いは色々な可能性を開いてくれるアクションですが、売りは開かれている可能性を閉じてしまうため、心理的な難易度を上げているのかもしれません。これには、徐々に売るというスタイルを取ることで対処できそうです。

他にも売りが難しい理由が考えられますが、買った時の理由が明確でないことが、売りを難しくしている理由になりそうです。

そこで、買いの理由を明確にすることで、売りの基準を認識することができそうです。逆に言えば、”買いの理由が無くなれば売る”というスタイルが一つの対処方法として考えられます。

買う時に意識すべき点は主に

1、なぜ買うのか?何を目的として買うのか?
2、目的が達成されたときに到達するであろう価格は?
3、2までにどれだけの時間を見ているか?

という点です。

これら3つの理由が全て維持されている場合は、買いの理由がキープされ、ホールドを続けます。逆に、1)購入時の3つの理由のうち1つでも条件を満たさなくなった時、2)どれか1つでも条件を達成した時、それぞれの場合に売る。という方法が考えられます。つまり、シナリオを描き、それが達成されるか、崩れれば売るというものです。後日記事にしますが、現在では新しいスタイルとして”週足チャートのトレンドを見る”という方法も加えています。

こうした”買いの理由を基にした売り”以外にも、売りの基準がいくつか存在します。


・週足チャートが下落トレンド入りしたとき
→週足トレンドの下落は自分が間違っているか、何か見落としている材料が存在する可能性が高く、一時撤退が賢明だと思っています。

・企業が変化したとき
→かつての魅力を失った、事業環境が変化したときなど、企業が悪い方向に変化したときに撤退します。

・自分が間違っていたとき
→買いの根拠が間違っていた場合は、ポジションを解消します。

・より魅力的な銘柄が見つかったとき
→内容・バリュエーションの両面から相対的に魅力的な銘柄が見つかった場合は乗り換えます。

・妥当な価格を超えてきた場合
→成長率・成長期間・それらの確度の3点からPEGを算出し、成長率に掛けた上で、適正PERを算出します。適正PERを超えた場合は売りを検討します。また、3年後の適正株価をEPS×PERで算出します。その価格に到達した場合は、徐々に利食っていきます。

・市場が荒れてきたとき
→必ず売るというわけではありませんが、様子を見ながら徐々に撤退します。

・市場全体に過熱感が出てきたとき
→こちらも必ず売るわけではありませんが、警戒の材料とします。


売りは心理面以外からも難しいアクションですが、基準を明確に持つことで漠然とした売買を防ぐことができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

株式を購入するときは、徐々に購入するようにしています。間違いに気づいたとき、修正を効かせやすくなるからです。そして、分割して購入するとなると、2種類の買い方が存在します。買い上がりと買い下がりです。

買い上がりは、上昇トレンドの中でのより高い押し目で拾っていくことを指します。買い下がりについては、一般的に色々と言われることが多いです。”下手なナンピンはケガの元”なんて格言があったりしますので、上手くナンピンしてケガを防ぐ必要があります。

ナンピンは必ず計画的に行うもので、相場動向に惑わされて漠然と行ってはいけません。気付けば大量のポジションを抱えていた、といったことにも繋がりかねないからです。逆に、ポートのX%までポジションを増やすと決めて、そこからナンピンの回数を逆算する方法は投資に優位性をもたらすと思います。


ところで、下落相場での買いには2通りの方法が存在します。1つ目は上述したナンピン。そしてもう1つが下落相場の終了を見極めて買うという方法です。後者について少し見てみます。

2つ目の方法の背景にある考え方は、「下落相場はどこまで続くか分からないから、下げ終わったら買おう」というものです。「落ちるナイフは掴むな。刺さって止まってから買え。」という格言があり、それに近いものを感じます。具体的には、下落が終了した後の数か月間の横ばいの期間に、マクロ情勢やチャートから下げ止まりを確認して買うという方法になります。

2つの方法のどちらにもメリット・デメリットが存在します。整理すると以下のようになります。


ナンピン
〇 
・相場が早期に反転しても、ナンピンで一部を購入しているため、ポジションを増やすことができる
・下げ相場の安い所で購入することができる

X 
・相場が下げ止まらない場合は、含み損を抱えたまま下落する株価を眺める必要がある



下落終了確認後の買い
〇 
・底近辺で株式を購入することができる
・下げ相場が終了した事を確認して買うため、再度下落トレンドに突入しない限り利益が出る

X 
・急激な相場回復の場合、乗り遅れてしまい高値で買う必要がある
・安全性を重視するため、安くで買うことを多少諦める必要がある


そして、それぞれに必要とされる能力を考えることで、さらに見えるものがあります。

ナンピンにおいて必要とされる能力は、株価の価値を綿密に測定し、広く指値を分散することにあります。価値を算出するというスキルは投資に必須のものです。ここに予測が入り込む余地は余りありません。

下げの終了後に買うスタイルで必要とされる能力は、相場を読む力です。下落が本当に終了したのか、マクロ面やチャートから分析するスキルが必要となります。こちらには多少の予測が必要となります。


自分は両方の方法を用いますが、こうして整理するとナンピンを今以上に取り入れようと思います。そもそも、投資家の役割は相場を予測することではないからです。というのは、書籍に書かれてあるような言葉で、予測や自分なりの考えを全く持たないのは、それはそれで危険な気もします。ですから、週足チャートなどで支持線を見つけて(そこで止まるだろうと予測して)、その前後にナンピンの注文を分散して配置するのがいいのかなぁと思っています。


今後も試行錯誤しつつ、明確な形にしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

なんともよく分からないタイトルですが、今日は配当について考えます。株式を購入するときに、配当や優待を考慮したことはなく、気付けば配当が振り込まれたり、優待が送られてきたりしています。

かつては配当に対し、ネガティブな考えを抱いていました。税金を多くとられるからです。例えば1,000円の株式があります。配当が100円だとすると、税金は20円で、手元には80円が残ります。株価は配当落ちで100円下がるため、1,000-100=900円となります。結果として、900+80=980円が手元に残ります。このように、配当を出すと自動的に配当×税率が引かれることになります。ですから企業には、配当をするのではなく、配当分を事業に再投資してほしいと強く思っていたのです。

ですが、企業にはライフサイクルが存在します。立ち上がり、成長、鈍化、成熟。このサイクルの後半に差し掛かれば、企業は配当を出すか総還元性向を高め、末期ではそれを更に高めるべきでしょう。なぜなら、ライフサイクル後期では企業が事業でお金を運用するより、お金を投資家に還元し、投資家が運用した方が高い利回りを獲得することができ、経済合理的だからです。

現在投資している企業にも配当を出している会社が数社存在します。そして配当は、先ほどの経済合理性だけではなく、利食い面からも有意義な存在だと思うに至ったのです。例えば先ほどの株(A社株)を1,000株持っているとします。そして株式を売りたくはないけれど、徐々に利食いたいと思っている場合。企業が配当を出すことで、株価が下がり(1,000→900円)、手元には現金(80×1,000=80,000円)が入ります。これは保有株数こそ変化がありませんが、株価が下がり、その分手元に現金が入るという意味では、利食っているのと同じことなのです。

よって配当は、企業が自然に利益確定を行ってくれるという有り難いアクションなのです。9月期末が近づいています。利食いたくない2銘柄が配当を出してくれているため、利食いの代わりも兼ねて楽しみにしつつ、有り難く受け取ろうと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

株式価値をもとにした、3つの投資スタイルについて考えたいと思います。


株式価値は以下の式で表すことができます。


株式価値=資産価値+収益価値+成長価値

 

そして、株式価値のどの部分を取りに行くかの違いによって投資スタイルを分類することができます。

 

中長期投資を語る時は、バリュー対グロースという対立した概念で語られることが多いように思います。ですが、投資とは価値よりも安くで株式を購入する事であり、そうだとすれば、すべての投資はバリュー投資であると言うことができます。

 

以下では、”株式価値のうちどの部分の獲得を目指すのか”という視点から3つのスタイルについて考えます。なお、図の矢印が獲得を目指す価値にあたります。

 

2017y07m03d_003827525

3つの投資スタイルと収益源

 


 

スタイル1 資産バリュー

2017y07m13d_072702896

資産バリュー投資は株式の資産価値と株価との乖離(青矢印)の獲得を目指すスタイルです。純資産を下回る株価をつけている銘柄が投資対象ですから、PBR1倍割れ銘柄を扱うことになります。

 

PBR1倍未満で評価されている株式は低成長・赤字銘柄であることがほとんどです。ですから大きなリターンを目指すというよりは、損失を可能な限り避けつつ、一定の利益を確実に狙うスタイルと言えます。

 

資産バリュー株が成長株へと変化した場合、購入時に存在していなかった収益価値・成長価値が生じます。それらが株価に反映され、莫大なリターンを獲得できる場合があります。資産バリュー株から成長株へと脱皮するケースはそれほど多くはありませんが、変化した時のリターンが莫大であるため、投資手法の1つとして確立できれば強い武器になります。

 

例としては赤字企業が安定的に黒字を出せる体質へと変化した場合、地味な印象を持たれていた銘柄が成長テーマ株として認知しなおされる場合などが挙げられます。

 

 2017y07m03d_071243127

 



スタイル2 収益バリュー

2017y07m13d_073127567

収益バリュー投資は、現状の収益を出し続けるであろう無成長企業の株価を、その価値より安くで購入するスタイルです。そうした企業の株式は無成長のため、PER10倍前後で放置されています。利益は無成長であり、EPSは増加しないため、PERの変化が投資家の収益源になります。企業の利益により資産価値が増加するため、資産価値の増加も享受することができます。成長価値は株価に織り込まれていないため、企業の利益が成長する場合、投資家は収益価値と成長価値の両方を獲得することができます。





 

スタイル3 成長バリュー

2017y09m01d_082720277


成長バリュー投資は、株式を現在の成長を反映した株価より安くで購入するスタイルです。成長バリュー投資は、企業が上げる利益により資産価値の増加を、そして成長による収益価値の増加を享受することができます。

 

資産バリュー投資、収益バリュー投資と比較して織り込まれていない部分が小さいため、分が悪いように思えるかもしれません。ですが、資産バリュー投資において収益価値・成長価値が将来的に発生する銘柄を発見するというのは、非常に困難であると同時に確率的にとても小さい出来事です。そうしたイベントはめったに起こることではないため、投資収益源としては心もとなく、そして不安定に思います。

3つを区別することで、投資にメリハリをつけることができま
す。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ