中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

カテゴリ:投資全般 > その他

1,000円から米国の大型株に投資できるという、One Tap Buyに申し込みました。

現在のアメリカ株と言えば過去最高に近い景気回復期の最中にあり、イールドスプレッドなどからも高値警戒感があります。開設申請をしたところ、口座開設希望が殺到しており、3週間待ちということでした。これだけ人気化しているということは、そろそろ天井も近いのだと思います。それでも同サービスを始めるのには幾つかのメリットがあると思いました。

株式市場においては、米国株が世界の株式市場を先導します。特に、今後は金利の影響を受けやすい、FANGをはじめとしたNASDAQハイテク系の動きに目を光らせておく必要があります。グロース株の動きから金余りの度合いや資金移動を知ることができます。
また、米国の大型株は収益の大半を世界で稼いでおり、完全なグローバル企業といえます。米国株の業績を見れば、世界経済を見ることが出来ると思うのです。

失ってもいい金額で実際に身銭を切り、米国株式の感覚を掴むのはとても大切です。本格的な金融危機は必ず米国で起きるからです。損しても問題ない金額で、市場の片隅に身を置き、米国を代表する企業を観察していれば、何もしていないよりはリスクに敏感に反応できるかと思います。

今回の景気サイクルが終われば、最終的には50%越え下落が来るでしょう。そうしたときには、少し大き目の資金をつぎ込んでもいいかもしれません。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

トレーダー度適性テストというものがあります。108の質問にYes/Noで回答すると、レベルを評価してくれるというものです。


2017y09m19d_201929530


とても面白いので、1年に1度トライしています。久しぶりにテストを受けた結果、以下となりました。いつも4止まりで5になりません^^;



2017y09m19d_202703744





こちらからテストページに飛べます↓
https://www.investechno.com/html/apti_test/aptitude_qa.php

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

相場に携わっていると、金銭感覚が徐々にマヒしてしまいます。毎日何十万円も上下するので、マヒしない方が逆に不思議です。ですが、そうした相場での感覚を日常に持ち込めば、早晩財政的に破綻することになるでしょう。

相場での数字はあくまでゲームの数値であり、日常生活とは完全に隔離すべきです。自分はすべての支出をエクセルクラウドで管理して、外出先でも支出がある度にスマホから入力ています。「支出項目・金額・ジャンル」といった具合です。そして各月末には、エクセルでソートやグラフを用いて無駄な支出がなかったか反省するようにしています。

入るを量りて出ずるを為すと昔からいいますが、まずは支出を強烈にカットすることから始めるべきで、その後に入るを量るのがいいのだと思います。収入はコントロールできませんが、支出はコントロールできます。そして稼ぐことよりも使わないことの方が簡単です。さらに、一度贅沢の味を覚えてしまえば、後戻りできなくなってしまいます。

稼げても常に細かく生活し、必要なところにはお金を使う。そうした心がけで毎日を送っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ