ファンダメンタルとチャートを観察していると、軒並み週足チャートが業績に連動しており、また時として先行していることに改めて気付きました。

扱っている銘柄が中小型株だというのもあるかもしれません。中小企業は大企業に比べてガバナンスも甘く、中身が漏れているというのが理由かと最近思っています。もちろん株価は業績に連動し、指数は景気に先行することは昔から言われていることですが。。。また、資金効率を考えた時、やはり動かない銘柄を1年も持っておくというのは勿体ない気がしています。

これまでは「いい企業を十分に安い価格で買う」としていました。

一方で最近は

何を:ファンダが好きで、綺麗な週足チャート(上昇トレンドか少なくとも横ばいor下落トレンドの下げ止まりが確認できる)



いつ・いくらで:そこそこに安い価格で、十分に押したとき(週足の中の深めの押し目)に買う

というスタイルに移行しつつあります。

ファンダが良好であるというのは、株価上昇のエネルギーにつながります。また、ファンダが好きであるという条件は、握力につながるため、大変重要です。次に、週足チャートが綺麗であれば下げ相場でも多少の抵抗力が存在することになります。週足が下落していると軒並みファンダメンタルも悪化してくることが多いように思います。

こうしたスタイル変化の背景にあるのは1つの事件でした。四季報決算漏れです。



2017y08m25d_094326598



上はとある銘柄の週足チャートです。チャートの1つ目の矢印で3Qの発表がありました。それ以降横ばいが続き、2つ目の矢印では四季報予想の大幅下方修正が続きました。この時点で週足チャートでは株価が26週線を大幅に割り込み、株価は下降トレンド入りしました。

2つ目の矢印地点で例え少しでも売却していれば、その後の下落の影響を多少なりとも緩和することができたはずです。結局、通期下方どころかガイダンスは真っ赤で、ウェイトを減らしていたとはいえ、想定外のガイダンスに真っ青になりました。

ついこの間までプレビューレポートなんてものが出ていたのですから、アナリストなど一部の人に先行して情報がいきわたっているのも説明がつきます。そう考えた時、株価は業績に先行するというのも納得できたのです。

これまでのスタイルに週足チャートの重視を加えただけで、一見そこまで大きな変化ではありません。ですが、資金効率を考える上では
多少なりとも効果があるように思います。


次回は週足チャートとファンダメンタルを連動させた撤退手法について書こうと思います。