中長期投資家の独り言

投資の技術的なこと、心構えなどを気の赴くままに。

タグ:下落相場

株式を購入するときは、徐々に購入するようにしています。間違いに気づいたとき、修正を効かせやすくなるからです。そして、分割して購入するとなると、2種類の買い方が存在します。買い上がりと買い下がりです。

買い上がりは、上昇トレンドの中でのより高い押し目で拾っていくことを指します。買い下がりについては、一般的に色々と言われることが多いです。”下手なナンピンはケガの元”なんて格言があったりしますので、上手くナンピンしてケガを防ぐ必要があります。

ナンピンは必ず計画的に行うもので、相場動向に惑わされて漠然と行ってはいけません。気付けば大量のポジションを抱えていた、といったことにも繋がりかねないからです。逆に、ポートのX%までポジションを増やすと決めて、そこからナンピンの回数を逆算する方法は投資に優位性をもたらすと思います。


ところで、下落相場での買いには2通りの方法が存在します。1つ目は上述したナンピン。そしてもう1つが下落相場の終了を見極めて買うという方法です。後者について少し見てみます。

2つ目の方法の背景にある考え方は、「下落相場はどこまで続くか分からないから、下げ終わったら買おう」というものです。「落ちるナイフは掴むな。刺さって止まってから買え。」という格言があり、それに近いものを感じます。具体的には、下落が終了した後の数か月間の横ばいの期間に、マクロ情勢やチャートから下げ止まりを確認して買うという方法になります。

2つの方法のどちらにもメリット・デメリットが存在します。整理すると以下のようになります。


ナンピン
〇 
・相場が早期に反転しても、ナンピンで一部を購入しているため、ポジションを増やすことができる
・下げ相場の安い所で購入することができる

X 
・相場が下げ止まらない場合は、含み損を抱えたまま下落する株価を眺める必要がある



下落終了確認後の買い
〇 
・底近辺で株式を購入することができる
・下げ相場が終了した事を確認して買うため、再度下落トレンドに突入しない限り利益が出る

X 
・急激な相場回復の場合、乗り遅れてしまい高値で買う必要がある
・安全性を重視するため、安くで買うことを多少諦める必要がある


そして、それぞれに必要とされる能力を考えることで、さらに見えるものがあります。

ナンピンにおいて必要とされる能力は、株価の価値を綿密に測定し、広く指値を分散することにあります。価値を算出するというスキルは投資に必須のものです。ここに予測が入り込む余地は余りありません。

下げの終了後に買うスタイルで必要とされる能力は、相場を読む力です。下落が本当に終了したのか、マクロ面やチャートから分析するスキルが必要となります。こちらには多少の予測が必要となります。


自分は両方の方法を用いますが、こうして整理するとナンピンを今以上に取り入れようと思います。そもそも、投資家の役割は相場を予測することではないからです。というのは、書籍に書かれてあるような言葉で、予測や自分なりの考えを全く持たないのは、それはそれで危険な気もします。ですから、週足チャートなどで支持線を見つけて(そこで止まるだろうと予測して)、その前後にナンピンの注文を分散して配置するのがいいのかなぁと思っています。


今後も試行錯誤しつつ、明確な形にしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

中長期投資家さんをフォローしていて、同じ下落相場でも投資行動が異なることに気付きました。そこに中期投資と長期投資を区別するヒントがあるように思えました。
 
相場下落には"調整レベル"(マザーズがマイナス10~20% 例;17年4月、8月)のものが年数回。そして"世界的な金融システマティックリスクに起因する大きな下落"(マイナス30%~)が数年に一回の頻度で起きています。
 

それぞれの下落の区別としては
調整レベル:
マザーズのみの下落、〇〇ショックなどと命名されない下落、地政学リスク、”金融政策と市場の認識のミスマッチ”による下落など
 
大きな下落:
日経平均・マザーズともに下落し、相場から資金が逃げ出す。金融システム不安をベースとした命名がされる下落
 
の2種類が存在します。
 
金融システムによる下げの例(年:マザーズ下落率)
リーマン・ショック(08年:-90%)、ギリシャ・ショック(10年:-40%)、チャイナ・ショック(15年:-35%)、ドイツ・ショック(16年:-30%)
 
それぞれの投資家の特徴は以下の通り


☆中期投資家
・上昇相場に応じて月数回以上の頻度で利食い→現金積み増し
・ポジション変化は比較的頻繁
・相場全体の上昇(β)をある程度放棄し、守りに徹する
・年数回の下落前に既に数十%の現金がある
 
 
☆長期投資家
・年数回の下落はポジション全体で被弾するが基本的に不動
・ポジション変化は稀
・めったに売却しないが、シナリオの崩れや過度な割高感があれば売却
・顕在化した下落リスクの種類によっては、リスク顕在後に全て売却
・数年に1回の金融システムが不安定な時期にもホールドする場合も
 
 
以上(事実)を踏まえると、それぞれの考え方が多少なりとも明らかになります。


☆中期投資家☆
企業業績による株価上昇を基本としつつも、水準訂正による株価変動を利用。結果として売買頻度は高まり、売買は活発。数か月単位の相場全体の上昇は”くれてやれ”で、売却に専念。
 
☆長期投資家☆
市場上昇の恩恵を可能な限り受ける一方、目先の下落もがっつりと受ける覚悟で、企業業績の向上による株価上昇を意識。下落に対しては、年率15%の株式を5年保有すればEPSは2倍になるため、PERが半分になっても損益トントンという立場。極度の割高やストーリー崩れで売却するが、リスク顕在後に売却することが多い。
 
 
この区分にどれほどの意味があるのかは分かりません。ただ、中長期投資家で一括りにすると、企業分析や上昇相場での投資行動に相違が出るため、同じ区分内でも認識ギャップが生じるようです。何を取りに行き、何を諦めるかによってある程度の分類が可能になるように思います。
 
他の投資家さんの行動に触発されて、行動がブレないよう、自分がどちらに当てはまるのか、(あるいはハイブリッドなのか)だけは明確にしていた方がいいと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ