中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

タグ:中長期投資

☆イントロ
マザーズ主力銘柄の決算や新興国懸念から新興市場は特に冷え込んでいます。今日は長期投資や中長期投資といった長めの時間軸で投資を行う時のヘッジについて考えてみます。


☆色々なヘッジ
ヘッジにも色々な選択肢があるので、どれが正しいといったことは無いと思うのですが、いくつか代表的なものをみてみます。

ー日経先物
流動性も高く、大型株のヘッジを行うには最適な選択肢だと思います。

ーマザーズ先物
上場当初は板が1枚とかでしたが、最近は100枚の板を見かけることもあり、割と大きなヘッジもできるようになりました。中小型株はマザーズやJQに連動するので、シンプルだけれど強烈なヘッジになると思います。

ーオプション
グリークスを読めるだけでは安定的には勝てないのかなぁ?なんて思ったりします。OPの売買は結局ボラテリティの売買で、そのために各パラメターを調整してVegaだけを取りに行ったりする商品だと考えてます。買いだと時間価値で溶けますし、なら売るのかといえばガンマを敵に回す。とても難易度が高く、相応の学習と訓練が必要だと思います。自分には無理ポです。。。

ーベアETF
ベアETFは先物の次に有効なヘッジだと思います。ただ、日中の間だけにー1倍であったりWベアなら-2倍動くように設計されており、窓を開ける時なんかはデルタがあってないので、上手く連動しないことがあります。あと、時間がたてば減価するのも特徴なので、短期でガッと下がりそうなときに使える商品かなぁと思います。あと、ナイトセッションで大きく逆に持っていかれても切るに切れないのは難点かもしれません。税制面では株と相殺できるのでアリだと思います。

ーベアETF空売り
減価するのならブル2倍のETFを空売りしておけば減価+下げでのブルETF価格低下の両方を取れそうな気がします。ただ、ETFのショートって50株が上限だったと思います。それから信用売りの諸コストを考えるとあまり現実的ではないのかな?と思います。


☆ヘッジはおまけ?
ということで、大型株運用なら日経先物かベアETF、中小型株運用ならマザーズ先物がいいと思います。ヘッジは飽くまでオマケなので、「どうしても売らなきゃいけない地合いだけど、売りたくない銘柄がある」という時に用いるようにしています。

「一番のヘッジは現金だよ」ってお話をよく聞きますし、本当にその通りだと思います。ヘッジしても原資産が下げ、ヘッジ対象が上げるなんていう股裂きもリスクの1つですので、絶対に減らない、そして下げれば買うことができる現金が一番のヘッジなんだと下げ相場を見るたびに思います。


☆具体的なヘッジ方法
ここからは具体的なヘッジのスタイルを書いてみます。簡略化のためにポートは1,000万円、中小型への投資、マザーズ先物1枚100万円としてお話を進めます。また、マザーズ指数と個別株が正の相関でそれぞれが1上がれば1上がり、1下がれば1下がるというベータ1の状況を仮定します。

例えば買いが500万円、売りが100万円なら1,000万円に対する買いは50%、売りは10%でグロス買い50%、グロス売り10%となり、ネットで40%の買いとなります。このネット40%というのは実質的な買いという意味です。実際は50%買っているけど、ヘッジしているのが全体の10%で売り買い相殺されるから実質は40%となります。

ややこしいですね。。。

次に買いが500万円のまま、売りを500万円に増やしたとします。その時、買いは50%、売りも50%でネット0%の売り買いとなり、「売り買い中立」になります。この状態だと、理論上、指数が上げても下げてもヘッジしているため損益は変わらなくなります。

もしネット0%の買い、つまり買い=売りの時、売りサイドと買いサイドの動きが完全に逆相関しているのなら、常に損益は0で固定されます。これだけ見るとヘッジする意味が無いと言えなくもありません。


☆市場リスクと個別リスク☆(重要)

じゃぁなぜ原資産を売らずにヘッジするのか?という点についてです。1つは流動性面に理由があります。小型株だと100万円を捌くのにさえ苦労します。ですが先物だと10枚、20枚(1,000~2,000万円)のポジションは簡単に取れます。流動性リスクに対応するというのが1つ目の理由です。

2点目が同じ金額を買い持ちしていても必ずしも個別と指数が相関するわけではないからです。上で「
マザーズ指数と個別株が正の相関でそれぞれが1上がれば1上がり、1下がれば1下がるというベータ1の状況を仮定します。」と書きましたが、必ずしもそうではありません。理論的に少し間違いのある説明にはなりますが、書いてみますね。

まず株のリスクには2つがあり、株の値動きは2つのリスクが合わさったものだと考えています。

株のリスク=市場リスク+個別リスク

市場リスクは今回の全体相場崩壊なんかによるものです。個別リスクは決算とかですね。ヘッジは市場リスクを回避するためのものです。つまりこうなります↓

500万円の株の買い持ち=500万円分の市場リスク+500万円分の個別リスク・・・①

500万円の先物の売り持ち=-(500万円分の市場リスク)・・・②

で、ポートに①と②を入れると①+②になります。結果として残るのが
→500万円分の個別リスク   
です。

売り買い中立とかフルヘッジでニュートラルにするというのは、いわば市場リスクを排除して、個別リスクだけを取りに行っているのと同義になります。

先の例の500万円の個別買いと500万円分の指数売りのポートは500万円分の個別リスクを背負っていることになります。結果としてリターンも500万円分の個別リスクに見合ったものになります。

これがヘッジの基本的な考えです。


☆ヘッジの実際
全体相場は自分には予測できないですし、極力予測はしません。ただ、雰囲気に合わせてポジションを4通りに区別しています。

何の心配もない時:100%の買い、売り0% ネット100%の買い
少し不安な時:買いも調整しつつ ネット80%程度の買い(例 買い90%売り10%)
割と不安な時:ネット60%の買い(例 買い80% 売り20%)
警戒している時:ネット30%の買い(例 買い50% 売り20%)
攻めに攻める時:ネット0%~ネット売り(例 買い20% 売り20%)

という具合です。

これだと相場を予測せず、気持ち面でヘッジをかけることができるので、ヘッジはコストだと自分の中で割り切ることができています。

今日はヘッジについて書いてみました。お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

日経CNBCでとても×3好きだった清川コメンテーターがおっしゃっていたことです。そもそもの買いの理由が明確でないから売りを悩むんだという趣旨のことを解説されていました。買う際に意識する点は以下の3点だそうです。

1、なぜ買うのか、そして何を求めて買うのか?
2、それが実現した時の価格はいくらか?
3、いつ頃実現しそうか?

そして、どれか1つが達成されれば、あるいは達成できないことが分かったら売ると述べられていました。

つまり、どれかが達成されたり、逆に買う理由がなくなったり、目標価格まで到達したり(しないことが分かったり)、実現時期を過ぎても上がらなかったりした場合は売るということです。そうすることで、保有の目的が明確になり、売りに頭を悩ませなくてもよくなるとのことでした。

とてもシンプルですが強力なルールで、ダラダラと資金をリスクに晒すということがなくなると思います。スタイルに合えば取り入れてみてもいいかもしれませんね!
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

決算の集中期ですね。ここだけは押さえておけばいいかな?的な基本的なポイントをいくつか挙げさせて頂きます。あくまで主観的なものなので、いやそれは違うでしょ的なご意見もあるかとは思いますが、いくつか書いてみます。


1、本決算には注意
期末が5月とか6月で本決算ガイダンスが出てくる企業には注意が必要かもしれません。好業績の企業には過去の収益トレンドを延長したような業績予想がコンセンサスとして織り込まれ、四季報予想にも割とそういう予想を出してくることが多いように思います。四季報予想が市場コンセンサスそのものなので、四季報予想が低めの数字でそれよりは上振れしたガイダンスを出してくると思える場合は思い切って勝負するのもアリかもしれません。


2、過去進捗との比較
進捗率そのものは業態によって変わるので、25%×4とならないケースも多々あります。ただ、株探の決算発表だと過去5年進捗平均比での数字を出してくれているので、それと比べてればいいかなぁと思っています。


3、直近四半期がダメだった理由のコメント

短信の1行とかにサラッと業績が優れなかった理由を入れてきますので、ついつい見逃しがちです。目を皿にして業績悪化の理由が書かれていなかを振り返ります。2の「低進捗」と「その理由のコメント」を併せれてみて、これは構造的にまずいなぁなんて思ったら先に逃げておくのも手かもしれません。

スポンサードリンク

4、前年同四半期の特需剥がれ
これが結構よくあるパターンで今期の決算を見ていても特需が剥がれただけでヘッドラインの数字の見栄えが悪くなるから売ってくる。なんてことがあちこちで見られています。前年同期の短信で特需とか駆け込みとかいう言葉があれば注意かもしれないですね。


5、QoQ  前3か月間との比較
2Qとか3Qになると1Q+2Qとか1Q+2Q+3Qの累計になってくるので、パッと見で3か月だけを取り出すってことがしにくくなります。株探には四半期だけの数字が取り出して書いてあったり、マネックスの銘柄スカウター、四季報のプレミアム会員向けサービスなんかでも同じような情報があります。マネックスの銘柄スカウターが無料で、情報もそろっているのでこれを見ておくといいかもしれません。

中小型株なんかはQoQでもグングン伸びて欲しいなぁなんて思っているので、まず累計を見た後、四半期(3か月分だけ)を取り出して前年同期間と比較します。項目は売上、営業利益、営業利益率を主に見ています。伸びが鈍化しているくらいならいいのですが、減益になると市場は強烈に反応してくるので理由を見てやります。(だいたい販管費が膨らんでたりで減益ってことが多かったりしますが、それでも売られる場合は逆に買ったりということも。)
スポンサードリンク


気になるポイントがあれば、100分率でみてみます。例えば2Q決算が出たなら、2Q累計のPLから1QのPLを引いて3か月だけの売上、原価、粗利、販管費、営業利益を取り出して、対売上の100分率でみてやります。これを今期の3か月と前期の同じ3か月で比較して前期2Qの3か月間と今期2Qの3か月という比較を%でみたりします。

原価とか販管費に大きな変化があれば短信のコメントを当たったり、IRに照会します。
☆まとめ

実際に書いてみるとポイントってほどの内容ではなかったですが、一番最初にやっていることを何点か書いてみました。最近の決算反応を見ていると、累計でよくても3か月間だけの数字が前期の3か月と比べて減益だったりすると猛烈に売られる印象を受けます。

3か月も待てないよ的な市場の焦りなのか、これまで高くに買われすぎていた反動なのかは分かりませんが、昔はこんなに反応したかなぁ??なんて思ったりしています。全体相場が崩れつつあることの現れなのかも、と勝手に考えたりしています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
応援のポチ頂けると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


個別株を選ぶ際は、投資対象をボトムアップで選ばれる方が多いかと思います。四季報をめくり、企業を選び、そして企業を仔細に見ていくという手順です。ですが、各業界の大局を頭に入れていくことで企業を見た時のリアクションが速くなります。ボトムアップで企業を選びつつ、トップダウンをスパイスし、企業を選ぶことができるのです。

今日は中長期投資家の方に参考になる4誌をご紹介します。それぞれがテーマや業界状況について細かく解説してくれています。






業界地図は他社も発行しています。有名なものは日経新聞社が発行する業界地図ですが、内容や読みやすさでは東洋経済社に軍配が上がります。東洋経済新聞社には四季報によるデータの蓄積とノウハウがありますから、東洋経済新聞社の業界地図の内容が圧倒的に充実しています。ページ数はそれほどなく、通読して全ての業界を知っておくような使い方かいいもしれません。


日本国勢図会〈2017/18〉
矢野恒太記念会
2017-05-01



各業界の統計数値を文章と共に、ひたすら羅列した書籍です。全国ポストの数から各地域の病院の病床数まで、幅広く網羅しています。それぞれのデータは点ですが、全てに目を通すことで点と点が結びつきます。また、単に数字に目を通すだけではなく、自分で予想しながら数値を見ていくといいかもしれません。そうすることで自然とフェルミ推定のスキルが身に付き、企業分析にも役立つと思います。








製造業は個人投資家にとって一番難しい投資対象かもしれません。業界に馴染みが無い上、何を作っていて、それがどういった役割を果たすのかを知らないためです。本書においては、様々な製造業における製造工程から最終製品を解説、さらに中間部品・素材を写真付きで解説しています。製造業で面白そうな企業を見つけたけれど分かりにくい、そうした時に手に取ると役立ってくれる1冊かと思います。








1年間で話題になったテーマやトピックニュースを総ざらいしてくれる一冊です。ジャンルも幅広く、何が起こったのかをしっかり把握するのに役立ちます。年末に本書を読み、来年について考えるという使い方がよろしいかと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

中長期投資家が株価を見ない方がいい理由の第1弾です。

損失の痛みが利益を出した時の喜びより大きいことはよく知られています。所謂、行動経済学の理論です。

株価が上下して結局横ばいだった時について考えます。

株価が1円上昇したときの感情を+1、1円下落したときの感情をー2とします。
株価が100円から110円になり(+10)、100円に戻った場合(-10)、感情を数値で表すと+10×1-10×2=-10となります。つまり株価は変化していないにもかかわらず、株価が取る経路の影響によりマイナスの感情(-10)を抱いてしまうのです。

「横ばいなのに気分が悪い」。株価を頻繁に見るトレーダーならば、耐えねばならないものですが、中長期投資家にとっては害でしかない気がします。

株価を見ない方がいい理由第1弾でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ