今日2回目の更新です(続かないけど謎気合い)。今回は出金戦略について書いてみます。

利益が出た月は、その月の利益の20%を出金するルールを設定しています。損を出した月は出金はなしです。(ただ「不調だなぁ」と感じている場合は出金してしまうこともあります。)
出金した後は再入金を原則禁止していて、これは勝ち逃げ戦略みたいな内容です。利益が累積するに従って銀行口座が膨らみ、仮に株口座が0になってもある程度の利益を残せるようにする保険の役割を果たします。

また「原則」再入金が禁止であるので、必ず禁止されるわけではありません。リーマンショックのような10年に1回の巨大イベントが到来した時は入金を許容しています。例えば、ほぼ全銘柄がPER10倍以下で放置されるような異常事態で、毎日テレビで株式市場の急落が放映され、そして世界の金融関係者や政治家が対策に翻弄するような時、そうした時にだけ入金をokとしています。中長期投資に転向してからそうしたイベントはなかったですが、「もうそろそろかなぁ」なんて考えています。

そうした時期はボラテリティが極限状態で、値動きを当てに行くようなトレード的なスタイルはリスクが伴うと思います。なので、株価の上下を気にし過ぎず、とにかく安く買うこと
に意識を集中して、仮に株価が半分になっても持ち続けたいと思える銘柄だけを買うようにしようと思っています。待機資金も今年後半か来年には出番がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
応援のポチ頂けると嬉しいです