一般的に「売りは買いよりも難しい」と言われています。買いは色々な可能性を開いてくれるアクションですが、売りは開かれている可能性を閉じてしまうため、心理的な難易度を上げているのかもしれません。これには、徐々に売るというスタイルを取ることで対処できそうです。

他にも売りが難しい理由が考えられますが、買った時の理由が明確でないことが、売りを難しくしている理由になりそうです。

そこで、買いの理由を明確にすることで、売りの基準を認識することができそうです。逆に言えば、”買いの理由が無くなれば売る”というスタイルが一つの対処方法として考えられます。

買う時に意識すべき点は主に

1、なぜ買うのか?何を目的として買うのか?
2、目的が達成されたときに到達するであろう価格は?
3、2までにどれだけの時間を見ているか?

という点です。

これら3つの理由が全て維持されている場合は、買いの理由がキープされ、ホールドを続けます。逆に、1)購入時の3つの理由のうち1つでも条件を満たさなくなった時、2)どれか1つでも条件を達成した時、それぞれの場合に売る。という方法が考えられます。つまり、シナリオを描き、それが達成されるか、崩れれば売るというものです。後日記事にしますが、現在では新しいスタイルとして”週足チャートのトレンドを見る”という方法も加えています。

こうした”買いの理由を基にした売り”以外にも、売りの基準がいくつか存在します。


・週足チャートが下落トレンド入りしたとき
→週足トレンドの下落は自分が間違っているか、何か見落としている材料が存在する可能性が高く、一時撤退が賢明だと思っています。

・企業が変化したとき
→かつての魅力を失った、事業環境が変化したときなど、企業が悪い方向に変化したときに撤退します。

・自分が間違っていたとき
→買いの根拠が間違っていた場合は、ポジションを解消します。

・より魅力的な銘柄が見つかったとき
→内容・バリュエーションの両面から相対的に魅力的な銘柄が見つかった場合は乗り換えます。

・妥当な価格を超えてきた場合
→成長率・成長期間・それらの確度の3点からPEGを算出し、成長率に掛けた上で、適正PERを算出します。適正PERを超えた場合は売りを検討します。また、3年後の適正株価をEPS×PERで算出します。その価格に到達した場合は、徐々に利食っていきます。

・市場が荒れてきたとき
→必ず売るというわけではありませんが、様子を見ながら徐々に撤退します。

・市場全体に過熱感が出てきたとき
→こちらも必ず売るわけではありませんが、警戒の材料とします。


売りは心理面以外からも難しいアクションですが、基準を明確に持つことで漠然とした売買を防ぐことができます。