中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

タグ:投資

誰にでもある投資の失敗。失敗を次に活かせば損失は立派な勉強代になるよ、そう教わったことがあります。これまでの投資の失敗を振り返ります。メジャーなものだけ選んでみました。


失敗1、天体望遠鏡を買いたい、だから上がって(2008年)

ー状況
高校生の時でした。急に天体望遠鏡が欲しくなり、赤道儀と一緒に買いたいな!ってなりました。もちろんそんなお金はなかったので、お金無いなら無理やり作ればええやん。と。ドル円Sのポジションをもっていましたが、自律反発をみてド転L、暫くは含み益も、即下落。

ー結果
資産の6%ほどが消えました。そしてSを継続し続けていればとれたであろう利益も手から滑り落ちました。


-反省
○○が欲しいから稼がして、で稼がしてくれるほど市場は甘くはないことを悟りました。利益は飽くまでルールに沿った売買を行った副産物に過ぎないということを強く認識しました。


失敗2、個別株に惚れに惚れる(2015年)

-状況
2015年の暑い頃です。とある小売りセクターの銘柄に惚れました。ハイエンドのポジショニング、高収益体質、顧客基盤を利用した新規事業、カリスマ社長、チャートは週足で値固め。これは上がる、なんていう根拠なき熱狂が脳内を支配していました。そして、現物でのフルポジだけではなく、信用枠も使い購入。レバは3倍ほどだったと記憶しています。

-結果
チャイナショックが重なり、株価はみるみるうちに下落していきました。安くで買っていたからいいようなものですが、資産は一時の最高値から半分程度になりました。この投資での損失は資産比でー20%ほどだと思います。

-反省
銘柄に惚れると悪い材料も好材料に見えてしまいます。あばたもなんちゃらです。その投資に死角はないのかという点を冷静に、第三者と一緒に議論すればそうしたことも減ると思いました。あと、脳内が沸騰しているときは冷まします。夏に判断力が鈍るなら夏の売買は控えめに、人によって得意な季節は異なるので季節に合わせたポジションを取ろうと思いました。


失敗3、mini数百枚トレードで利益吹っ飛ばし(2016年)

-状況
確か12月か1月の雇用統計でした。上がった後下がるでしょうという透視でmini200枚を建て、ピラミッディングにピラミッディングを重ね200円を取りました。う~ん1枚2万円×200枚 たった数時間で。悪くないです。というか最高にいいナイトセッションでした。
その後リスク感覚がマヒしてしまいました。数百枚の枚数は自分には大きすぎます。数週間後のある日、ボラテリティが高まる中でがちゃがちゃ売買し、気付けば雇用統計で稼いだ額以上を吹き飛ばしていました。

-結果
1ナイトセッションで稼いだ額の1.5倍を吹き飛ばしました。心はボロボロ。財布もボロボロ。胃もボロボロ。

-反省
頭に血が上る、沸騰していた状態だったのだと思います(冬なのにおかしいなぁ)。損失を取り返そうとする一番やってはいけないパターンにはまりました。トレードの場合は「幾ら損失を出したらやめる」というのを明確化し、そしてルールを守るために紙に書いて見える場所に貼っておくといいかもです。また、勝って兜の緒を締めよではないですが、勝ちの後は出金するなどして、エクスポージャーを減らすようにするのもいいですね。出金して使うことで、一連の流れを終わりにするというのも悪くないと自分に認識させることができます。


失敗4、OPでがちゃがちゃ3月利益+10%から-5%へ(2018年)

ー状況
1月頃から金利高での株安を想定し、NYが急落する当日の日中に個別カット、先物売り。これが、ぴったりはまりました。夜寝て起きたら日経1,000円以上下げる、マザ先も10%の含み益とびっくりするレベルでした。そこまではよかったのですが、すべてを取ろうという欲が自分を支配しました。

ー結果
下落の末期はボラテリティが急拡大します。したがって普段の何分の1かそれ以下で売買を行うべきだったのです。それに加えて相場の向きを当てるという不可能なことを試みました。この2つがあわさり3月1週時点での10%の月間利益は月末には-5%となっていました。

-反省

相場の向きを当てるというのは不可能です。少なくとも自分には。また、土地勘のない商品はやはりカモになるので触ってはだめですね。そして、相場末期のハイボラでは現金こそがKINGであることを学びました。戦わない時間を取るというのも戦い方なのではないか。今ではそう思えます。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


市場の非効率を突くことが全ての投資家の超過リターン、アルファの源泉だろう。現状の相場水準が幾分下がったとはいえ、個別銘柄には割高感が見られるものも散在する。これまで言われてきた一般的な非効率性のストーリーとは、「中小型株はカバレッジ面などから見放され、ミスプライスで放置されている。だが市場の特性からそうした乖離は永続しない。故に中小型の成長株を買えば、ミスプライスは業績という材料を通じて、最終的に解消される」というものだった。

2010年頃からの中小型株人気をきっかけとし、そして昨年はゴルディロックスに支えられた相場により、かつての非効率性の概念は姿を消しつつあると考えられている。「割安な株が無い」という多方面で聞かれる言葉が全てを象徴している。なるほど、既存のストーリーをベースとした非効率性は消えつつあるのかもしれない。

だが、市場を構成するのは依然人間であり、人が関わる以上はどこかにerrorが発生する。そのerrorはミスプライスであり、情報の解釈であり、誤発注であったりと、様々な形を通して市場の非効率性の構成要素となる。

最近では四半期決算が悪ければ、仮に通期業績に問題がなく、計画線で推移していても売られる銘柄が多くみられる。背景にはゴルディロックスの終焉や過剰流動性相場のアンワインドがあろう。けれど、こうしたヘッドラインの過剰反応で売り込まれた価格も非効率性の1つではないかと考えられる。

また、場中決算の小型銘柄も、仮に開示資料を読み込めば明るい将来を描ける内容であっても、見栄えが悪ければ大きく売られる。発表当日の株価は大きく下落するも、翌日にストップ高をつける銘柄さえ存在している。この地合いの中で、である。こうしたフェアに評価されるまでの時間的猶予が一定程度あるというのも非効率性の1つの形ではないか。

非効率性はかつての姿を変え、いま、ここにも存在しているのだ。数世紀に渡り続いた人間対人間の攻防、そしてそこから生まれる数多くの非効率性は時代を超え、形を変え存在し続ける。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

投資するなら、1口座での運用が管理面で色々と便利だと思います。ただ、あえて忘れることのできるレベルの少額(例えば運用額の10%くらいの金額)をサブ口座に入れておきます。そして、「どう考えてもこれは」 と思える銘柄に出会ったときは、口座内でフルポジとか、少し信用を使ってでも買ったりします。

メインの口座はどうしてもタマ~に見てしまうので、そうすると資産変動が気になって目標価格に行くまでに手放してしまうリスクがあります。サブ口座だと少額なので、気にならないため持ち続けることができます。値動きや資産変動を見ないだけに、売買することも減るという当たり前のお話なのですが、いざやってみると割と効果がありました。握力最強!だって忘れてるもん(てへぺろ みたいな。

アメリカの株格言に「株を買ったら、買ったことを忘れてしまうことだ」というのを聞いたことがあります。ずっと持ちたい!という銘柄を安くで買える時はメインだけでなくサブ口座でも買って、あとは忘れておこうと思います。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

外出先でもPCの縦外部モニターが欲しいなぁと思っていました。調べてみるとiPadと接続すれば外部モニターとして使えるソフトウェアがあるとのことで早速入れてみました!(iPad Proは出金戦略の中でお金がすこし増えたので、6月頃に調子に乗って買っちゃった:;(∩´﹏‘∩);:)相場から離れてお金をつかってみる~の一環です。

Duetというアプリです。Macユーザーにはおなじみなのかな?android派の自分にはタブレットをモニター代わりにするという発想は全くなく、とても新鮮でした。安い方の有料サービスを利用しています。ワイヤレスでも出力可能らしいですが、毎月幾らかかかるということで、一回支払いすればずっと使える廉価な方にしました。

DSC_0430

折角撮ったのに外部出力モードになってなかったですが、イメージはこんな感じ↑です



ケーブルはUSB3.0とLightningの両方を使うことができる↓を使っています。




また、タブレットスタンドは↓を使用しています。


外出先でも短信を縦画面で読みながらエクセルをいじったり、iPadを横にして横×2モニターにしてみたり、とにかく大活躍です。ちなみにPCはVAIOのS11をつかっています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
応援のポチ頂けると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


☆最近のスタンス

最近は相場と距離を置いています。地合いがあまりよろしくないというのが1点、もう1点は株価はあくまで道具だという理由からです。ついつい目先の株価に一喜一憂してしまうのですが、普段見ている時間軸より1つ大き目の時間軸でチャートを眺めていると、普段の動きは取るに足らないものだと分かります。分足を見ている人は日足、日足を見ている人は週足、週足を見ている人は月足といった具合です。

過去の値動きを振り返ってチャート上で上手く反発したり、押し目で反転している企業を見ると、やはり株価を追っかけるのは大事なのかなぁと思ってしまいます。ですが、
過去に上手く反転したポイントも何かしらの開示があって反転していることが多いので、結局のところは企業をおっかけること、そして業績が全てだなぁという当たり前のことを最近再認識しつつあります。値動きについては、中長期の場合はある程度の時間軸のチャート(週足とか)の動向はフォローしておくといいと思っていますが、トレンドが崩れていないか、支持線はどこか、この2点くらいでいいのかなぁと考えています。

3年後の業績を予想して、それを基準に目標株価を算出し、目標価格の半値以下で買うことを基準にしています。条件は以下の3つです。>
☆買いの3条件

・100%以上の乖離が存在し、100%値幅を取れる可能性がある
→目標株価の算出についてはまた書きます。ターゲットが500円なら250円以下で買うことを目標にします。

・週足チャートが横ばいか上昇の初期、または押し目である
→週足チャートは業績と素直に連動し、そして時に先行指標として機能すると考えています、特に中小型株の場合は、業績に先行して株価が下げているときがあります。そうした銘柄を避けるために週足を見ています。

週足が下落トレンドの場合は、企業に問題があるか地合いに問題があるか、そしてその両方かの3通りの可能性があります。下落トレンドの銘柄を避けることで、上手くいけば個別リスク・全体相場リスクの両方を回避することができます。

・既存の銘柄よりずっといいか?
「隣の芝生は青い。特にそれが株の場合は。」という迷言を勝手に作っています。新しい銘柄はどうしても新規性もありますし、印象として実体よりも上乗せされるのだと思います。ついうち上がっている銘柄をJCするのも同じ理由かもしれません。新しい銘柄を購入するコストやリサーチ時間を考えると、保有銘柄を買い増しする方がずっと効率がよかったりすることもあるので、飛びつかないことを意識しつつ、やらかさないよう、3つ目の条件を入れています。


☆まとめ

「価格は飽くまで道具で、自分の都合のいい時にだけ利用してやればいい」色々な手法に取り組んだ後でのある種の結論です。よくよく考えるとどこかで聞いた内容だったのですが、グレアムの賢明なる投資家にあるミスターマーケットの考え方そのものでした。本で読むと、「なるほどなぁ」で終わることが多かったのですが、自分なりに結論に達し、その答えが格言と重なると嬉しいものがあります。信用は閉じていて、現物×先物ヘッジ売りをしているので、こうしたことを意識しつつ、相場とは暫くの間意識的に距離を置いてみようと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ