中長期投資家の独り言

中長期投資の投資スタイルなどを気の赴くままに

スポンサードリンク

タグ:決算

決算の集中期ですね。ここだけは押さえておけばいいかな?的な基本的なポイントをいくつか挙げさせて頂きます。あくまで主観的なものなので、いやそれは違うでしょ的なご意見もあるかとは思いますが、いくつか書いてみます。


1、本決算には注意
期末が5月とか6月で本決算ガイダンスが出てくる企業には注意が必要かもしれません。好業績の企業には過去の収益トレンドを延長したような業績予想がコンセンサスとして織り込まれ、四季報予想にも割とそういう予想を出してくることが多いように思います。四季報予想が市場コンセンサスそのものなので、四季報予想が低めの数字でそれよりは上振れしたガイダンスを出してくると思える場合は思い切って勝負するのもアリかもしれません。


2、過去進捗との比較
進捗率そのものは業態によって変わるので、25%×4とならないケースも多々あります。ただ、株探の決算発表だと過去5年進捗平均比での数字を出してくれているので、それと比べてればいいかなぁと思っています。


3、直近四半期がダメだった理由のコメント

短信の1行とかにサラッと業績が優れなかった理由を入れてきますので、ついつい見逃しがちです。目を皿にして業績悪化の理由が書かれていなかを振り返ります。2の「低進捗」と「その理由のコメント」を併せれてみて、これは構造的にまずいなぁなんて思ったら先に逃げておくのも手かもしれません。

スポンサードリンク

4、前年同四半期の特需剥がれ
これが結構よくあるパターンで今期の決算を見ていても特需が剥がれただけでヘッドラインの数字の見栄えが悪くなるから売ってくる。なんてことがあちこちで見られています。前年同期の短信で特需とか駆け込みとかいう言葉があれば注意かもしれないですね。


5、QoQ  前3か月間との比較
2Qとか3Qになると1Q+2Qとか1Q+2Q+3Qの累計になってくるので、パッと見で3か月だけを取り出すってことがしにくくなります。株探には四半期だけの数字が取り出して書いてあったり、マネックスの銘柄スカウター、四季報のプレミアム会員向けサービスなんかでも同じような情報があります。マネックスの銘柄スカウターが無料で、情報もそろっているのでこれを見ておくといいかもしれません。

中小型株なんかはQoQでもグングン伸びて欲しいなぁなんて思っているので、まず累計を見た後、四半期(3か月分だけ)を取り出して前年同期間と比較します。項目は売上、営業利益、営業利益率を主に見ています。伸びが鈍化しているくらいならいいのですが、減益になると市場は強烈に反応してくるので理由を見てやります。(だいたい販管費が膨らんでたりで減益ってことが多かったりしますが、それでも売られる場合は逆に買ったりということも。)
スポンサードリンク


気になるポイントがあれば、100分率でみてみます。例えば2Q決算が出たなら、2Q累計のPLから1QのPLを引いて3か月だけの売上、原価、粗利、販管費、営業利益を取り出して、対売上の100分率でみてやります。これを今期の3か月と前期の同じ3か月で比較して前期2Qの3か月間と今期2Qの3か月という比較を%でみたりします。

原価とか販管費に大きな変化があれば短信のコメントを当たったり、IRに照会します。
☆まとめ

実際に書いてみるとポイントってほどの内容ではなかったですが、一番最初にやっていることを何点か書いてみました。最近の決算反応を見ていると、累計でよくても3か月間だけの数字が前期の3か月と比べて減益だったりすると猛烈に売られる印象を受けます。

3か月も待てないよ的な市場の焦りなのか、これまで高くに買われすぎていた反動なのかは分かりませんが、昔はこんなに反応したかなぁ??なんて思ったりしています。全体相場が崩れつつあることの現れなのかも、と勝手に考えたりしています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
応援のポチ頂けると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ファンダメンタルとチャートを観察していると、軒並み週足チャートが業績に連動しており、また時として先行していることに改めて気付きました。

扱っている銘柄が中小型株だというのもあるかもしれません。中小企業は大企業に比べてガバナンスも甘く、中身が漏れているというのが理由かと最近思っています。もちろん株価は業績に連動し、指数は景気に先行することは昔から言われていることですが。。。また、資金効率を考えた時、やはり動かない銘柄を1年も持っておくというのは勿体ない気がしています。

これまでは「いい企業を十分に安い価格で買う」としていました。

一方で最近は

何を:ファンダが好きで、綺麗な週足チャート(上昇トレンドか少なくとも横ばいor下落トレンドの下げ止まりが確認できる)



いつ・いくらで:そこそこに安い価格で、十分に押したとき(週足の中の深めの押し目)に買う

というスタイルに移行しつつあります。

ファンダが良好であるというのは、株価上昇のエネルギーにつながります。また、ファンダが好きであるという条件は、握力につながるため、大変重要です。次に、週足チャートが綺麗であれば下げ相場でも多少の抵抗力が存在することになります。週足が下落していると軒並みファンダメンタルも悪化してくることが多いように思います。

こうしたスタイル変化の背景にあるのは1つの事件でした。四季報決算漏れです。



2017y08m25d_094326598



上はとある銘柄の週足チャートです。チャートの1つ目の矢印で3Qの発表がありました。それ以降横ばいが続き、2つ目の矢印では四季報予想の大幅下方修正が続きました。この時点で週足チャートでは株価が26週線を大幅に割り込み、株価は下降トレンド入りしました。

2つ目の矢印地点で例え少しでも売却していれば、その後の下落の影響を多少なりとも緩和することができたはずです。結局、通期下方どころかガイダンスは真っ赤で、ウェイトを減らしていたとはいえ、想定外のガイダンスに真っ青になりました。

ついこの間までプレビューレポートなんてものが出ていたのですから、アナリストなど一部の人に先行して情報がいきわたっているのも説明がつきます。そう考えた時、株価は業績に先行するというのも納得できたのです。

これまでのスタイルに週足チャートの重視を加えただけで、一見そこまで大きな変化ではありません。ですが、資金効率を考える上では
多少なりとも効果があるように思います。


次回は週足チャートとファンダメンタルを連動させた撤退手法について書こうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ