1,000円から米国の大型株に投資できるという、One Tap Buyに申し込みました。

現在のアメリカ株と言えば過去最高に近い景気回復期の最中にあり、イールドスプレッドなどからも高値警戒感があります。開設申請をしたところ、口座開設希望が殺到しており、3週間待ちということでした。これだけ人気化しているということは、そろそろ天井も近いのだと思います。それでも同サービスを始めるのには幾つかのメリットがあると思いました。

株式市場においては、米国株が世界の株式市場を先導します。特に、今後は金利の影響を受けやすい、FANGをはじめとしたNASDAQハイテク系の動きに目を光らせておく必要があります。グロース株の動きから金余りの度合いや資金移動を知ることができます。
また、米国の大型株は収益の大半を世界で稼いでおり、完全なグローバル企業といえます。米国株の業績を見れば、世界経済を見ることが出来ると思うのです。

失ってもいい金額で実際に身銭を切り、米国株式の感覚を掴むのはとても大切です。本格的な金融危機は必ず米国で起きるからです。損しても問題ない金額で、市場の片隅に身を置き、米国を代表する企業を観察していれば、何もしていないよりはリスクに敏感に反応できるかと思います。

今回の景気サイクルが終われば、最終的には50%越え下落が来るでしょう。そうしたときには、少し大き目の資金をつぎ込んでもいいかもしれません。